ANA B787 ビジネスクラスクレードルシート 成田→シンガポール NH801便搭乗記 (シート編)

シェアする

スポンサーリンク

ANAのB787ビジネスクラスを利用し、シンガポールまで飛びました。この記事では、このフライトの模様をハード面に絞ってレポートします。

ANAのビジネスクラスチェックインカウンターでチェックインをします。パスポートを提示し、後はスタッフにお任せです。スーツケースを預けようか迷ったのですが、スタッフのアドバイスを参考に、今回は機内に持ち込むことにしました。

こちらが搭乗券です。いつ見てもANAの搭乗券は殺風景ですね。モノクロームで全く面白みがありません。格好良さがないんですよね。もう少し何とかならんのでしょうか。

さて、ビジネスクラス利用でしたので、ANAラウンジを案内されました。ラウンジについてはこちらの記事をご覧ください。

さて、搭乗はなんと沖止めのバス利用でした。第5サテライトのバス搭乗口からバスに乗り込みます。

B787の横で降ろされ、いよいよタラップで搭乗です!

こちらがビジネスクラスのクレードルシートです。以前のビジネスクラスシートと比較すると、雲泥の差ですね。明らかにこっちのほうが快適そうです。

パーソナルモニターも大きく、また足元のスペースも十分にあります。

実際に座ってみました。窮屈さが全くなく、足が自由に動いていいですね~。

肘掛け周りには、シート変形ボタンやAVODコントローラ、イヤホンジャックや電源コンセント、UDBプラグなどが備えられています。小物入れも十分なスペースがあり、Good。

肩周りにはLED読書灯があります。結構強めのライトです。

ヘッドホンとANAおなじみのスリッパがありました。

シートポケットの中にはクレードルシートの説明書やAVOD誌、その他には機内誌や安全のしおりなどです。

記念に、クレードルシートの説明書の両面を写真に収めておきました(笑)。

パーソナルモニターは、とても使いやすくなっていました。ユーザーインターフェースもわかりやすく、サクサクと動きます。

さて、シートをクレードルポジションに変形させてみました。座り心地はなかなか快適ですね。下手なフラットシートよりも快適かもしれません。しばしうたた寝をしました。

ラバトリー内部はとてもクリーンな状態に保たれていました。他の機材だと、「きったねー」という場合もあるのですが、さすがは最新鋭機、まだまだ清潔です。

水回りも使いやすく、なかなか好印象のラバトリーでした。

当日のビジネスクラスはほぼ満席。成田~シンガポールって、それなりに需要があるのですね。離陸後しばらくすると、機内食がサーブされました。機内食についてはこちらの記事を参照ください。

さて、ファイナルアプローチになると、天井のライティングがガラッと変わります。これはちょっとサプライズですね。

一体どんな意味があるのか走りませんが、きれいといえばきれいです。

降機する時に、フライト中写真を撮りまくっていた私を見ていたCAさんが、B787の絵葉書を2枚くれました。これは嬉しいサービスでした。

今回の成田~シンガポールのフライトは、かなり快適でした。ちょうど1年前に利用したスクートのフライトに比べれば、天国と地獄ほどの差です。B787は静かで、シートも快適、CAさんも真摯に対応してくれます。欲を言えば、真面目すぎずにもう少し「遊び」があるといいかとも思います。是非また利用してみたいですね。