スポンサードリンク

2017年3月18日

充実プライオリティパス!台北桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジが快適!@第1ターミナル

台北の台湾桃園国際空港は最近直通のMRTも開通し、ますます快適な空港になっています。そんなリノベーションの一環として進められているのが、空港ラウンジのリニューアルです。今回は、第1ターミナルにあるプラザプレミアムラウンジを訪れてみました。

このプラザプレミアムラウンジは、空港ラウンジサービスであるプライオリティパスと提携しており、プライオリティパスを提示すればエコノミークラス搭乗者でもラウンジの利用が可能です。また、有料(2時間1,300TWD~)でも入室することができます。



スポンサードリンク

▲第1ターミナルには、プライオリティパスで利用できるプラザプレミアムラウンジが、ラウンジフロアである4階に2箇所設けられています。ゲートA側にあるプラザプレミアムラウンジ(上図上)については以前レポートしましたので、今回はゲートB側のプラザプレミアムラウンジ(上図下)をのレポートです。

▲このラウンジは、ゲートB側からアクセスするとすぐのところにあり、大きなロゴマークがあるので目立ちます。カウンターで、プライオリティパスと搭乗券を提示して入室しましょう。

▲ラウンジ内は意外と広め。50名以上のキャパシティはありそうです。

▲奥にはこんな落ち着いた雰囲気のソファラウンジも。照明も控えめで、ゆっくりくつろいで過ごせそうです。

▲プラザプレミアムラウンジ定番の、六角形のパーソナルブースも備わっています。これはビジネスマンが仕事をするのにちょうどいいらしく、このときも2名のビジネスマンが利用していました。

▲こちらは大人数が一度に座れる長テーブル。このときは親子連れが利用していました。

▲さて、食事はというと、結構充実しているんですよ、これが。生野菜にゼリーやプリンなど。

▲そしてホットミール。一番左に見えるは、なんと焼き芋(笑)。なぜこんなところに焼き芋が!

▲いずれもこちらのビュッフェで提供されています。また、シェフも常駐しており、手作りの料理をその場で作ってくれます。

▲メニューはこちら。シンガポールラクサに、肉燥飯(赤身肉で作ったルウロウハン)、野菜スープヌードル、味噌汁、サンドイッチが用意されていました。

▲今回は2.をオーダー。さらにビュッフェから色々取ってきて、お腹いっぱいいただきました。肉燥飯がとても美味しくおかわりしそうになりましたが、カロリーを考えて我慢。

プラザプレミアムラウンジは、プライオリティパス提携ラウンジとしては非常にレベルが高いですね。香港や上海、シンガポール、クアラルンプールなどの空港でもラウンジを展開しており、いずれもとても居心地が良いのでよく利用させてもらっています。成田や関空にも入ってくれないかと淡い期待をしていますが、無理でしょうねぇ……

プラザプレミアムラウンジ台北

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿