羽田空港国内線カードラウンジが有能!パワーラウンジで旅のエナジーチャージ!

シェアする

スポンサーリンク

トラベラーの皆さん、こんにちは。

皆さんは、空港ラウンジって利用したことありますか?

空港ラウンジと聞くと、庶民には縁遠いセレブな空間を
イメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、
実はそんなに敷居は高くなく、結構身近な施設なんです。

今回は、羽田空港国内線ターミナルで気軽に使える
いわゆるカードラウンジをご紹介します。

これらのラウンジは、提携クレジットカード提示で無料で、
そうでなくとも一人1,080円(4~12歳540円、0~3歳無料)
利用できちゃうんです。
これなら使わない手はありません!

第1・第2ターミナルに計4箇所!

主にJALなどが使っている第1ターミナル搭乗エリアには
2箇所のカードラウンジが設けられています。
北ウィングのパワーラウンジ・ノースと、南ウィングのパワーラウンジ・サウスです。

一方、ANAなどが利用している第2ターミナルの搭乗エリアにも
2箇所のラウンジが設けられています。
パワーラウンジ・ノースと、エアポートラウンジ(南)です。

今回は、それぞれのラウンジを順にご紹介していきます。

スポンサーリンク

パワーラウンジ・ノース(1タミ北側)

第1ターミナルの北ウィングにあるのが「パワーラウンジ・ノース」。
北ウィングと言ってもピンときませんが、
保安検査後、右側に進んですぐ、16番ゲート付近に位置しています。


内部は意外と広く、座席数は150席用意されています。


このようなワーキングデスクも設けられていて、
パソコン作業をする人が結構います。

パワーラウンジ・サウス(1タミ南側)

第1ターミナルにはもう一箇所カードラウンジがあります。
それがこちら、パワーラウンジ・サウスです。
保安検査後、左側に進み、南ウィングの9番ゲート付近にあります。


パワーラウンジ・ノースと同様に、内部は意外と広く、
133席のキャパシティがあります。


ゲートにも近く快適なので、結構混み合います。

パワーラウンジ・ノース(2タミ北ピア)

パワーラウンジ・ノースは、第2ターミナルの北ピアの3階にあります。
搭乗フロアからは、エスカレーターで1階上に上がります。


こちらが、パワーラウンジのエントランスです。
シンプルなデザインが心地よいですね。


こちらのラウンジもかなり広く、140席のキャパシティがあります。


窓際のテーブルが特におすすめです。
自然光が適度に差し込んできて、なかなか快適なんです。

パワーラウンジのスマートな設備・サービス

パワーラウンジのシートには、それぞれに電源設備が備えられています。
スマホ等を充電するのに大変役立ちますね。


主要な新聞や雑誌等も閲覧でき、
活字フリークの方でも時間を持て余すことなく過ごせます。


用意されているドリンクは、コーヒーやお茶なくど
オーソドックスなものが揃っています。


ジュース類も一般的なものが揃っていますが、その一方で、
右側の緑色のドリンクは青汁、右から2番めはお酢ドリンクとなっていて、
特にお酢ドリンクはりんごジュースと間違えると悲惨です。


なお、有料にはなりますが、羽田空港独自の地ビール「スカイエール」を
いただくことも出来ます。
この機会に試してみたいですね。

エアポートラウンジ(2タミ南)

エアポートラウンジ(南)は、第2ターミナルの南側、
65番ゲート付近にあります。
これまでご紹介したパワーラウンジに比べていくぶん古風な印象です。


主にビジネスマンを対象にしているのか、
大きなワーキングテーブルがでんと構えています。


その奥には、ソファも用意されています。
ただ、ラウンジ全体のキャパシティは少なめで、100席とのこと。


ドリンク類は、ごく一般的なものが揃っています。
青汁やお酢ドリンクはありません。

おわりに

羽田空港国内線搭乗エリアの4つのラウンジ、いかがでしたか?
空港ラウンジの利用は、旅の疲れを軽減し心身をリフレッシュできます。
提携カードをお持ちの方は、ぜひ利用してみてくださいね!

↓国際線のカードラウンジはこちら

羽田空港国際線ターミナルには、クレジットカードのゴールド以上のメンバーが無料で利用できるラウンジが2箇所あります。スカイラウンジとスカイラ...
スポンサーリンク