ローマでプライオリティパス!「モザイチ・ラウンジ」@ローマ・フェウミチーノ国際空港

シェアする

スポンサーリンク

ローマ・フェウミチーノ国際空港には、プライオリティパスで利用できるラウンジが3つあります。その一つ、モザイチ・ラウンジ(I Mosaici Lounge)をご紹介します。

このラウンジ、色々なサイトを見ても、それほど評判がよろしくないんですよね。どんな地雷ラウンジなのでしょうか、恐る恐る潜入してみました。

–>

▲モザイチ・ラウンジ(I Mosaici Lounge)は、第3ターミナルのシェンゲンエリアの2階にあります。シェンゲンエリアとは、シェンゲン協定加盟国(加盟国同士では国境検査無しで行き来が可能)への便や、イタリア国内線が出発するエリアになります。つまり、主にヨーロッパ域内へのフライトがこのエリアから出発するわけですね。受付でプライオリティパスを提示して、中に入ってみました。

▲ ラウンジ内は、ちょっと古ぼけた感じがします。テイストが1~2世代くらい前のような。受付の女性は、いかにもラテンなノリで終始駄弁っているし……

▲外港が差し込んで明るくていいのですが、やはりソファや内壁などに年代を感じてしまいます。すこしガッカリな感じです。

▲ビュッフェには簡単なコールドミールばかりが並んでいました。もうちょっと手の込んだ物があってもいいかも。というか、感覚としてはカフェの延長線上にあるのでしょうね。

▲ただ、そこはやはりイタリア。カウンターにはバリスタが待機していて、オーダーに応じてコーヒーを作ってくれたり、アルコールを用意してくれたります。

▲飲めるお酒はこちら。この他、赤白それぞれのワインやスパークリングワインもいただけます。

▲シャンパンを注いで頂き、おつまみとサンドイッチをいただきました。サンドイッチが美味しくない……。バジルの葉が萎れていて、新鮮さが皆無でした。

▲モザイチ・ラウンジには、一応シャワールームがあります。受付で搭乗券を預けると、シャワールームの鍵を手渡してくれます。前室はやや手狭な印象。

▲シャワー自体は、ハンドシャワーで使いやすかったですね。ただ、やはり古さというか時代というか、そんなものを感じてしまいました。

モザイチ・ラウンジは、地雷というほど悪くはないけれど、かと言って良いわけでもない微妙なラウンジでした。利用する際はあまり期待しないがいいと思います。期待しすぎると間違いなく残念な気持ちになってしまいますので。