【裏技】バリ島デンパサール国際空港から徒歩で市街に出る方法!これで白タクにボられない!

シェアする

スポンサーリンク

バリ島の玄関口、デンパサール・ングラライ国際空港に到着しました!でも待てよ、空港から市内はどうやって行けばいいの?えっ、タクシーオンリーじゃん……

そうなんです。デンパサール国際空港から市内への交通手段は、個人旅行の場合ほぼ100%にタクシーになります。ツアーやホテルの送迎がある場合は楽なのですが、空れを手配していないと間違いなくタクシーを使わざるを得なくなります。

しかしタクシーと言っても、普通のメータータクシーは空港に乗り入れておらず、使えるのは空港タクシーや白タクが殆どで、これらがやたらと高いんです。空港の到着ロビーのタクシーカウンターで、空港からクタまで空港タクシーを手配してもらったら、150,000ルピアもかかりました(2017年1月現在)。相場の3倍位でしょうか。白タクも白タクで、運転手が出口付近でしきりに客引きをしているのですが、交渉をするのが面倒くさいですよね。

そこで、空港の敷地から徒歩で脱出し、普通にメータータクシーを拾うことにしました。今回はその裏技をご紹介しちゃいますね。

スポンサーリンク
–>

国際線ターミナルからのルートは上図の通り。歩いて10~15分ほどです。とても便利なルートなので、ポイントごとにGoogleMapsを使ってご説明してみます。

空港から市街へ徒歩で!

▲国際線ターミナルの到着ロビーを出て車寄せを横断し、立体駐車場に向かいます。白タクの運転手が何人も「タクシー?タクシー?」と声をかけてきますが、華麗にスルーし、立体駐車場の中の通路を一直線に進んでいきましょう。(⇒GoogleMaps

▲立体駐車場を抜けると横断歩道があります。ここを渡り、左に進みましょう。交通量が多いので横断の際は車をよく見て。(⇒GoogleMaps

▲空港と市街を隔てる白い柵沿いに100mほど歩くと、柵が途切れたところがあり、ここから市街へと出られます。柵の外側は市街で、メータータクシーなどを簡単に捕まえることもできます。写真では、客待ちのタクシーが1台見えますね。(⇒GoogleMaps

▲ここでタクシーに乗ってもいいのですが、そうしてしまうと中心部に行くのにも若干遠回りになってしまうので、このまま歩いてみました。横断歩道を渡り、その先の細い路地に入ります。(⇒GoogleMaps

▲路地を抜け、また横断歩道を渡ります。さらに先の路地に入りましょう。もうこの辺は、地元の人達の閑静な住宅街になっています。(⇒GoogleMaps

▲バリの裏路地。両側には地元の人達の家々が並びます。この路地を通るのは、空港関係者やこの裏道を知っているバックパッカーなどだけですので、一気にローカルな雰囲気になります。(⇒GoogleMaps

▲突き当りがT字路になっていて、正面に祠が見えますね。ここを左折しましょう。(⇒GoogleMaps

▲先ほどのT字路から30mほどで、やや歪な十字路があります。ここを右折します。(⇒GoogleMaps

▲右折して200mほど歩くと比較的大きな通り(Jl. Wana Segara)に出ます。もうこの辺は流しのメータータクシーも走っていますし、すぐ近くにアストンクタホテル&リゾートリサタバリリゾート&スパソラリスホテルなどのまともなホテルもあり、さらには外国人観光客向けの繁華街周遊バス「クラクラバス」のアントンクタ停留所もあるので、宿泊にも移動にも大変便利です。(⇒GoogleMaps

市街から空港へ徒歩で!

▲蛇足ですが、同じルートを逆方向で辿ってみますね。アストンクタ方向から見て右側にある細い路地(Jl. Segara Merta)に入ります。(⇒GoogleMaps

▲この路地を真っすぐ進みます。近くにお寺があり、ガムラン音楽が聞こえてきたりしてなかなか風情のある界隈ですよ。(⇒GoogleMaps

▲先程の変則的な十字路にたどり着きました。ここを左折します。(⇒GoogleMaps

▲30mほど歩いて、T字路を右折。黄色いお家が目印です。(⇒GoogleMaps

▲200mほど歩くと横断歩道があり、更にその先の路地を進みます。(⇒GoogleMaps

▲すると、正面には空港が!横断歩道を渡り、右に進めば国内線ターミナルに、左に進めば国際線ターミナルに行くことができます。(⇒GoogleMaps

▲立体駐車場前の横断歩道です。空港まであっという間でしたね。(⇒GoogleMaps

空港の到着ロビーからアストンクタのある通り(Jl. Wana Segara)までは、徒歩で10~15分ほどです。荷物がさほど大きくなければ、全く苦にならない距離でした。この抜け道を知っていれば、早朝発便のためにご紹介したホテルに前泊して、当日に徒歩で空港入りすることが可能ですし、白タクのお世話にならずに空港外へ出ることも可能です。

ただ、注意点としては、地元の人の生活空間にお邪魔するということ。バリ島の治安は悪くはありませんし、人々も気さくで親切ですが、そこはやはり外国。夜の女性の独り歩きなどはやはりそれなりに用心が必要だと思いますので、十分に注意してください。

いろいろと使い勝手のいい裏道だと思いますので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。