ルフトハンザ航空ファーストクラス クアラルンプール→バンコク LH783便搭乗記

シェアする

スポンサーリンク

クアラルンプール→バンコクの移動には、ルフトハンザのB747-400ファーストクラスを利用しました。東南アジア内の移動なのにルフトハンザ(笑)。こういうニッチな旅程を組むあたり、自分はひねくれてるなと思います(笑)。2時間弱の、あっという間の空の旅です。

チェックイン

チェックインカウンターは搭乗時刻のおよそ2時間半前にオープン。それまでしばらくカウンターの前で待っていました。奥の人混みは、エコノミークラスのチェックインカウンターのオープンを待つ人々。どうやら中国人の団体客のようで、中国語がけたたましく響いていました。この時ばかりは、エコノミーにしなくて正解だったと思いました。

ようやくチェックインカウンターオープン。早速チェック・インを済ませてしまいましょう!

チェックイン完了。搭乗券とは別に、”First Class”と印字されたボーディングパスホルダーと出国審査のプレミアレーンチケットも手渡されます。ルフトハンザの鶴のマークが輝いています。

さあ、出国審査へ向かいましょう。チェックインを済ませると、アテンドが一人つきます。出国審査→手荷物検査→エアロトレイン→ラウンジと、すべての動線を案内してくれます。(さらには、搭乗の際は機内まで案内してくれ、手荷物を運んでくれました。ありがとう!)

ラウンジ

ラウンジはタイ国際航空のロイヤルシルクラウンジを割り当てられました。ラウンジの詳細については先日の記事をご覧ください。

キャビン&シート

ルフトハンザのB747-400ファーストクラスは、アッパーデッキに8席のみ。アッパーデッキの静かな空間が、たった8人だけのために用意されるという非常に贅沢な作りになっています。

写真からもお分かりかと思いますが、シートの脇には、専用のベッドが併設されています。

通常のファーストクラスでは、シートが変形してフルフラットベッドになるのですが、ルフトハンザのB747-400では、シート+ベッドで一つのユニットになっているのです!つまり通常のファーストクラスでは2席分に割り当てられるスペースを、ルフトハンザでは1人で専有できるのです!

世界広しと言えども、ここまで贅沢なファーストクラスはルフトハンザ以外には知りません。巷では個室スイートタイプのシートが流行っていますが、一人あたりの専有面積はここまで広くはありませんよね。

AVODのコントローラーです。ずしりと適度な重みがあり、重厚な作り。まさにファーストクラスにふさわしい高級感があります。

そして、大画面の液晶モニター。今回は映画等を見る時間はなかったのですが、映画を十分に楽しめると思います。

肘掛けの下には、電源コンセントやUSBポートなどが揃っています。

肘掛けの中にも収納スペースがあります。メガネなどの小物やノートパソコン等を入れておくのには最適ですね。

さて、後編では、機内で提供された食事について書きます。
機内食編を読む »

フライトの様子を動画にまとめてみました。御覧ください。

【RIMOWA×Lufthansa】 ファーストクラスアメニティ