スポンサードリンク

2017年9月13日

野菜まんが超絶美味い!台北っ子に人気の光復市場素食包子

台湾にいったら、ぜひ攻めてみたいのがB級グルメのお店ですよね。台湾(特に台北)では50m歩けば必ず何かしらの食べ物を売るお店に出くわすほど、飲食店が密集しており、当然皆しのぎを削っています。
そんなB級グルメ激戦区で、肉を使わない「野菜まん」一本で勝負しているお店があります。それが今回ご紹介する「光復市場素食包子」です。中華まんの中身が野菜のみにも関わらず、B級グルメにうるさい台北っ子に人気を博している名店で、さまざまなレビューサイトでも高評価を受けているんです。野菜だけなのに美味しいの?なんか物足りないんじゃないの?という疑念を払拭すべく、実際に足を運んで野菜まんをいただいてみました。




スポンサードリンク

▲台湾でよく目にするのが「素食」という文字。これは、いわゆるベジタリアンフードのお店名です。今回ご紹介する光復市場素食包子もベジタリアンのお店で、肉を一切使わない野菜饅のお店。かなりの人気店で、お客さんが途絶えることがありません。

▲メニューは結構豊富。どれも25TWD(約92円)と激安です。今回は、光復市場素食包子の看板商品である、メニュー左上の「雪裡紅素包」をオーダーしました。

▲店頭では、大量の野菜饅をその場で作っています。細かく切った生地を薄く伸ばして、その中にこれでもかというほどの野菜の餡を詰めていきます。それをしばらく蒸し上げると出来上がりです。作っている過程を生で見せられ、迫力満点でした。

▲蒸しあがったのがこちら。大人の拳2個分ほどもある巨大な中華まんです。おやつのレベルを超えていて、これだけで一食分はあります。ボリューミー!!

▲饅頭の中には、野菜のみじん切りの餡がぎっしり詰まっています。一口ほおばるごとに、野菜の旨味が口いっぱいにジュワ~っと広がります。野菜しか使っていないにもかかわらず、まるで肉まんを食べているかのようなコクもあり、病みつきになります。これが野菜だけからできているとは思えない、満足感たっぷりの中華まんでした。

光復市場素食包子は、観光名所でもある国父紀念館からは徒歩数分のところにあります。国父紀念館を訪れた際は、ぜひこちらの絶品野菜饅にもトライしてみてくださいね。


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿