スポンサードリンク

2017年9月17日

台湾最高の胡椒餅はココ!予約必須の「福元胡椒餅」が気絶するほど美味い!!!

台湾には「胡椒餅」なるローカルフードがあります。胡椒餅とは、ざっくり言うと、焼いた肉まんです。コショウなどのスパイスが効いているので「胡椒餅」と呼ばれるようになったらしいです。

その胡椒餅、台湾では夜市などでよく見かけますが、夜市では食べられない台湾一美味い胡椒餅の専門店が台北にあります。それが今回取り上げる「福元胡椒餅」です。

福元胡椒餅は超超人気店で、出来上がった胡椒餅はあっという間に売り切れてしまうので、確実にゲットするためには予約が必要という有様です。今回は、福元胡椒餅にありつくためのポイントとともにご紹介します。




スポンサードリンク

▲福元胡椒餅は、台北駅から徒歩7、8分の庶民的な界隈にこじんまりと店を構えています。このお店を切り盛りしているのは、主に調理を担当しているおやっさんと、接客がメインの奥さんのみ。

▲メニューは胡椒餅オンリーで1個45TWD。胡椒餅だけで勝負しているド直球な経営方針に好感が持てますね。

▲自慢の胡椒餅は、店頭で(客の目の前で)一つ一つ作られていきます。これも、自分たちが作る胡椒餅に絶対的な自信があるからこそおおっぴらに出来るわけです。

▲寝かせておいた生地に、豚肉やネギなどを詰め丸めます。その上にごまを振りかけてると下準備はOK。後はじっくりとかまで焼くだけです。

▲専用の釜の内側に、一つ一つ丁寧に胡椒餅を貼り付けていきます。釜の中央に炭を入れ、蓋をして15分ほどじっくり焼き上げます。

▲次の焼きあがり時間は12時10分。焼きあがるとすぐに売り切れてしまうので、焼きあがる前に事前に購入したい個数を伝えておきましょう。すると、予約客用の木製の番号札がもらえます。

▲釜で焼くこと十数分、焼きあがりました!カリカリに焼けた皮が、とても美味しそうです!

▲焼き立てはとても熱く釜からの熱気が凄まじいので、おやっさんは軍手と腕カバーで完全防備してから胡椒餅をこそぎ取っていました。

▲この、きつね色の絶妙な焼き加減!美味しそう!アツアツの熱気がこちらにまで伝わってきます。

▲焼き上がりとともに、予約していた胡椒餅をゲットすることができました!焼き上がりの時間になると、急に行列ができるのが凄いです。現地の方は、一人で複数個買っていくので、あっという間に売り切れてしまいました。やはり予約は必須ですね。

▲皮はパリパリ、中身は肉汁が滴り落ちるくらいジューシーな豚肉の塊と、脂っこさを緩和する大量のネギ。ぴりりと胡椒の風味が効いていて、絶品中の絶品です!台湾にはうまいものが数あれど、今まで食べた台湾ローカルフードの中で間違いなく一番美味しい食べ物でした。ここは、台北に行ったらマストです。台北を再訪したら、何が何でもココに立ち寄ろうと思っています。


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿