スポンサードリンク

2017年8月7日

マイル修行にうってつけ?!シンガポールのカプセルホテル"The Pod"が快適&安い!

シンガポールのホテルって高すぎって思ってませんか?でもね、探せば値頃でいい宿はあるんですよ。今回は、ラグジュリアスなホテルを探していない方のために、日本のカプセルホテルの感覚で泊まれるブティックホステル"The Pod"をご紹介します。

このThe Pod、トリップアドバイザーでは、ほぼ最高評価の4.5を獲得しているんです!これはぜひとも潜入してみなければ!いったいどんなホステルなのでしょうかね。



スポンサードリンク

▲The Podはシンガポールのアラブストリート界隈にあります。市庁舎などの中心部へは徒歩圏内(暑いので、歩いて行こうなんて絶対思いませんが)。雑居ビルの上のフロアをホステルとして使っており、入り口はかなり目立ちません。立て看板がなかったらきっと通り過ぎていたことでしょうね。ドア横のベルを鳴らすとドアが解錠されますので、3階のフロントにエレベーターで上がりましょう。

▲3階のロビーです。意外とオシャレで居心地がいいです。ホステルということもあり、客層としてはやはり若い人が多いですね。

▲チェックインを済ませると、フロントスタッフが、アサインされたブースまで案内してくれ、利用方法を英語で手取り足取り教えてくれます。このフロアは土足厳禁ということでした。今回私には一番手前の上段が割り当てられました。日本のカプセルホテルとほとんど同じ作りで、ロールカーテンもあり、2弾ベッドが主流のいわゆる「ホステル」よりは若干グレードアップした感じですね。


▲ブース内は思っていたよりも広く、木で作られているので温かみがあります。バスタオルは予めブースに用意されてありました。

▲折りたたみ式のサイドテーブルにハンガーも用意されています。また枕元には照明のスイッチと、電源が一口ありました。

▲荷物は、ブース下のロッカーに保管しておくことができます。施錠可能です。機内持ち込み可のサイズの荷物ならばらくらく入ります。それよりも大きいものは、フロントで預かってもらえるようでした。

▲共用の洗面エリア。皆さん気をつけて使っているのできれいに保たれていました。

▲その反対側にあるシャワールームです。私が利用したフロアにはシャワールームは3つありました。こちらもきれいに使われているようです。安心しました。

▲簡単な朝食(トースト、シリアル、お粥など)なら無料で提供されます。これはありがたい。

"The Pod"は用途次第ではかなり使えるオススメのホステルです。スタッフも親切なので快適に過ごせました。最近、ANAのステータス獲得のためにシンガポールタッチなる修行をしている方がいるようですね。そういった、サクッと安く泊まりたい(仮眠したい)方にもおすすめです。是非チェックしてみてくださいね。

The Bod @ Beach Road

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿