スポンサーリンク

シンガポール名物チキンライスは「天天海南鶏飯」で!マックスウェル・フードセンターに美味いものあり!

シンガポールといえば、チキンライス!シンガポールに来たのにこれを食べないなんてありえません!

ということで、今回はチャイナタウンにほど近いところにあるマックスウェル・フードセンター内の、チキンライスの名店「天天海南鶏飯」をご紹介します。これは本当に美味しいんで、絶対マストです!

–>

シンガポールには、「ホーカーセンター」と呼ばれる公設のフードコートが各所にあります。これは、都市開発の障害となっている路上営業の屋台を半ば強制的にホーカーセンターに移転させ、開発をしやすくするという政策的意図があった。しかし、当局の管理のもとで食品の衛生面が改善されたり、飲食店が集められることで賑わいが生み出されるという副次的効果もありました。

▲シンガポール国内に複数あるホーカーセンターの中で、絶対訪れておきたいのが「マックスウェル・フードセンター」です。すごく賑わっていますよね。マックスウェル・フードセンター内には、シンガポール一のチキンライスを提供していると言われる「天天海南鶏飯」があります。

▲天天海南鶏飯の前には、長蛇の列が!すごい人気です!

▲もちろん皆さんのお目当ては、チキンライス。Sの3.50SGDからLの7.80SGDまで量をしてすることができます。Lでも日本円で650円ほど。お手頃価格でうれしいですね。

▲等のチキンライスがこちら。柔らかく蒸されたチキンの上に特製のタレがかけられています。チリソースはお好みで。しかし、今回はチキンとライスを別々にオーダーしてみました。

▲こちらがライス。鶏のダシで炊き上げられたインディカ米です。お米の一粒一粒がつやつやしていますね。鳥のエキスがたっぷり染み込んでいて、これだけでも十分美味しい!

▲しかーし、やはりチキンは外せないでしょ!ハーフサイズのチキンがこれ。かなりボリュームあります。これを見せられた時、量を間違えてオーダーしてしまったことを少し後悔。やはり普通のチキンライスにしておくべきだった?

▲このチキンの美味しさときたら!とても柔らかくてフォークで持ち上げたら崩れてしまうほどです。皮と身の間のゼラチン質までトロトロ。絶品ですわ。当初は多すぎるかと思ったチキン、あまりの美味しさに結局は完食いたしました(笑)。