スポンサードリンク

2017年7月17日

なんかすごそう!シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル4が間もなく供用開始!

「世界最高の空港は?」と聞かれたら、私は間違いなくシンガポール・チャンギ国際空港を挙げます。この空港は、出入国や乗り継ぎが楽という空港の機能面での素晴らしさはもちろん、ショップやレストランも充実し、さらには利用客を退屈させない空間演出にも優れているという、まさに「理想の空港」を体現した施設なのです。

そのチャンギ国際空港が、今年中に新たにターミナル4をオープンさせます。そのプロモーションビデオがかなりかっこいいので、ご紹介しますね。



スポンサードリンク

このビデオによると、これまでのターミナルとは異なる点があるようなので、メモっておきます。

第一に、保安検査が一箇所に集約されます。これまでの既存のターミナル1~3では各ゲート前で保安検査が行われていましたが、ターミナル4ではこの形式を廃止し、保安検査を出国審査の前または後に一回だけになるようです。利用客の負担を考えると、この新方式のほうが好ましいと思われます。

第二に、ターミナル1~3へのダイレクトアクセスが廃止されます。ターミナル1~3は、制限エリアがそれぞれ連結されていて、一つの巨大なターミナルとして機能していましたが、ターミナル4はそれとは独立した形で運用されます。ターミナル間の移動も、スカイトレインではなくバスによって行われるようです。

このように、いくつか従来とは異なる運用がなされますが、きっと利用者にとっても使いやすい素晴らしいターミナルになることは間違いないでしょう。オープンしたらぜひともこのターミナルを使ってみたいものです。

ちなみに、ターミナル4には、エアアジア、インドネシア・エアアジア、タイ・エアアジア、フィリピン・エアアジア、キャセイパシフィック、大韓航空、ベトナム航空、セブパシフィック航空、春秋航空の各社が乗り入れる予定とのことです。

なお、チャンギ国際空港では、さらにターミナル5を建設中です。ターミナル5はそれ自体で既存のターミナル1~4をあわせた規模に匹敵するという、途方もなく巨大なターミナルになります。ますますチャンギから目が離せなくなりますね。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿