スポンサードリンク

2017年3月5日

アメリカ旅行用プリペイド現地SIMは日本で調達!ZIP SIMの使い方・設定方法

もはやSIMフリー(SIMロック解除)のスマートフォンは海外旅行の必需品となりました。皆さんの中にも、SIMフリー端末に現地で調達したプリペイドSIMカードを挿して利用している方は少なく無いと思います。となると、如何に「使える」現地SIMをゲットするかが、旅の明暗を分けると言っても過言ではありません。

今回アメリカ旅行でも、現地で適当なSIMを調達しようと思っていました。しかし、アメリカのプリペイドSIMについて調べれば調べるほど、プリペイドSIMの環境は旅行者には決して優しくないらしいということがわかってきました。

というのも、アメリカではSIMカードと通信プランは別々に売られていて、利用したい通信キャリアのSIMを購入後、改めてプランの手続きをするという二段階の手続きを踏むことが一般的らしいのです(同時に済ませることも可能ではありますが、厳密には二つの手続きをまとめて行っていると解釈できます)。プラン自体も、旅行者に便利な短期間のものはほとんどなく、月ごとの支払いをするのが一般的。これでは、旅行者が気軽にSIMの契約するなんてできませんよね。しかし、一つだけ旅行者にとって使いやすそうなSIMを見つけました。それが、今回ご紹介する"ZIP SIM"です。

アメリカで唯一(?)の旅行者向けSIM

このSIMカードは、アメリカ本土やハワイ、プエルトリコでの利用が可能で、SIM本体と通信プランがセットになって販売されています。そのため、利用手続きがとてもシンプルで、端末に差し込めばすぐに使えるようになるというスグレモノなのです。また、利用期間も7日間や14日間など比較的短期間に設定されており、旅行者にとっては非常に使いやすいサービスになっています。

プランも様々なものが用意されており、例えば「通話+SMS+データ500MB 7日間」や「通話+SMS+データ1GB 7日間」、「データ500MBのみ 14日間」、「データ1GBのみ 14日間」など、旅行者の都合にあったものを選ぶことができます。



スポンサードリンク

▲今回私が購入したのは、「データ通信500MB 14日間」のSIM。内容物はSIM本体に、台紙、各国語で書かれたマニュアルと、大型の日本語マニュアルです。SIMカードは、標準、マイクロ、ナノのすべてのサイズに対応できるようにカットされています。

▲日本語のマニュアルに沿って開通手続きを進めます。マニュアルには事細かに手続きの方法がかかれていますので、これを読んで素直に進めていけば問題なく開通すると思いますが、それでも実際にやってみると戸惑うこともあるので、所感をまとめてみたいと思います。

開通手続き(アクティベーション)はとても簡単!

▲アメリカに到着したら、早速SIMフリー端末にSIMを差し込んでみましょう。SIMを挿入して再起動します。

▲端末が電波を掴んだら、"7850"宛にSMS(ショートメッセージサービス)を送信しましょう。メッセージの内容は自分がいる場所のアメリカのZIPコード(日本の郵便番号)です。日本語マニュアルに幾つかZIPコードのサンプルが載せてありますので、実際に自分がいる場所ではなくても、それらの中から適当なものを選んで送信すれば大丈夫です。今回はロサンゼルスのZIPコード"90045"
を送信しました。

すると、1分程で自動返信がありました。"To extend your..."、つまり「期間延長とか困ったことがあったらこのサイトね」というどうでもいいメッセージですね。まだデータ通信回線が開通していないのに、いきなりURLを送りつけてくるとは、さすがアメリカ(笑)。

▲更に数分待っていると、"Welcomm to ZIP SIM..."という自動返信が再び送られてきます。これがSIM開通のお知らせですね。と同時に、使用中のSIMの電話番号も記載されているので、必要であればメモっておきましょう。とくに、通話回線契約の場合はこの電話番号は着信の際に必須ですよね。

開通完了の通知が来るまでは、意外と時間がかかります。焦ってSIMの抜き差しや端末の再起動などをせずに、根気よく待つことが賢明です。


アクセスポイント設定も簡単!

▲データ通信をするためには、アクセスポイントを設定(&追加)しなければなりません。アンドロイドの場合は「設定」→「その他の設定」→「モバイルネットワーク設定」→「アクセスポイント名(APN)」から、iOSでは「設定」→「モバイルデータ通信」から設定しましょう。

名前の欄は任意で(今回は"zip"としました)、APN(アクセスポイント名)には"wholesale"と入力し、他は空白のままにしておきます。すべて入力したらこの設定を保存します。データ通信を行う際は、この保存したアクセスポイントを選択すると、ZIP SIMでの通信が可能になります。


注意点

ZIP SIMの利用にあたっては、必ず注意しておきたいことがあります。使用するSIMフリー端末がZIP SIMの周波数帯に対応していなければなりません。ZIP SIMの周波数帯は4Gが1900MHzとなっていました。ZIP SIMを購入する際には、ご自身の端末がこの周波数帯に対応しているかどうか事前に必ずチェックしてください。

データ通信のスピードは、場所によってかなりばらつきがあるようです。繁華街などでは3GやH+となり安定しているのですが、郊外に出るとEやGに落ちます。とくに人の気配がない森林地帯などの高速道路上では、電波すら入らないことがあります。ですので、都市観光のみに限定して利用すべきでしょう。

なお、ZIP SIMは日本国内で購入できます。アマゾンジャパンでZIP SIMが取り扱われているので、渡米前に事前に購入しておきましょう。

ZIP SIM 公式サイト
Amazonで「ZIP SIM」を検索

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿