スポンサードリンク

2016年5月16日

ロスのKALラウンジでゆったり!プライオリティパス@ロサンゼルス国際空港

今回は、ロサンゼルス空港のトム・ブラッドレー国際線ターミナル内にあるKALラウンジ(大韓航空ラウンジ)をご紹介します。このラウンジは、プライオリティパスと提携しており、プライオリティパスの会員ならば他社エアラインやエコノミークラスに搭乗予定でも、自由に使うことができます。

▲トム・ブラッドレー国際線ターミナルは、外国のエアラインのほとんどが乗り入れています。日本からだと、JALやANA、さらにシンガポール航空の成田からの直行便もここを利用します。2013年に改修が完了したばかりで、ロサンゼルス空港の各ターミナルの中では最も使いやすく居心地がいいと思います。

ロサンゼルス空港は、各ターミナルの制限エリアがつながっていて自由に行き来できる作りになっています。この時も、私は第4ターミナルからのフライトを予定していましたが、連絡通路を使って簡単にトム・ブラッドレー国際線ターミナルにアクセスできました。

▲KALラウンジは、メインフロアよりも1つ上の会にあります。かなり広く、一度に100~200人程度は収容できるくらいのキャパシティを供えています。3方がガラス壁になっていて、開放感もあります。

▲ソファも一つ一つがゆったりしていて、一人あたりの占有スペースも広め。なかなかに快適です。

▲吹抜になっているテラスエリアもあり、メインフロアを行き交う人を上から眺めたり、ターミナルの喧騒を楽しんだり。

▲もちろんシャワーの備えており、自由に使えます。カウンターでその旨を告げれば、タオル等を用意してくれます。それにしても、大きな鏡ですね。

▲ただ、シャワーが固定式なのが残念。ざっと浴びて、搭乗前にリフレッシュしましょう。

▲さて、フードをチェック。サンドイッチが3種類用意されていましたが、人気のようで結構食べられてしまっていました。

 ▲スティック野菜にカットフルーツもありました。パブリカ、ニンジン、セロリ、オレンジ、この他にメロンとパイナップルもありました。

▲乾き物は、トルティーヤチップスとプレッチェル、それにサルサソース。この辺は、メキシコに近いロサンゼルスっぽいですね。

▲ワインは赤と白が用意されていました。

▲その他にアルコール各種とジンジャーエールなど。

▲ソフトドリンクは、コーヒーにクランベリージュース、オレンジジュース。さらに韓国のエアリ員らしく、辛ラーメンとインスタントの韓国風ウドンもありました。

▲今回頂いたのはこちら。ホットミールがないのは残念ですが、それでも美味しく頂けました。

ロサンゼルスのKALラウンジは、プライオリティパスラウンジとしては中の上。なかなか使えるラウンジだと思います。(ただし、エアライン直営のラウンジとしては物足りなさも残ります。)プライオリティパスがあれば、大韓航空に乗らずとも利用できるので、足休めや小腹がすいた時などに利用してみてくださいね。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


0 件のコメント:

コメントを投稿