スポンサードリンク

2016年2月7日

台北の寧夏夜市でアボガドプリンミルクを食す!「曾家鮮果汁」

(台湾南部で大きな地震が発生しました。台湾を応援する意味も込めて、今後も淡々と台湾旅行の魅力を綴っていきます。)

台北の夜のプレイスポットといえば、やはり夜市ですよね。台北市内には大小合わせて20近くの夜市があり、それぞれに個性があります。特に、他では味わえない(奇妙な?)食べ物を提供するお店もあったりして、夜市で意外なものを発見した時の楽しさは特別です。今回はそんな夜市の中から、特に美味しいものが集まっていると話題の寧夏(ニンシャー)夜市をご紹介します。

▲寧夏夜市(ニンシャー・イエスー)は、台北の数ある夜市の中でも特に美味しいものが集まる夜市として有名です。地下鉄の双連駅または中山駅から10分ほどの寧夏路(⇒Maps)という通り沿いに、数々の屋台がひしめき合うように並んでいます。私が訪れた日は生憎の雨でしたが、それでも結構な人出で賑やかでした。

▲まずは、腹ごしらえに魯肉飯(ルウロウハン)を頂きましょう!魯肉飯とは、ご飯の上に豚そぼろ肉の甘煮をぶっかけたもので、台湾料理の最もポピュラーな一品です。チェーン店ではありますが、鬍鬚張魯肉飯(ヒゲチョウルウロウハン、⇒Maps)がおすすめ。とくに大根のスープと一緒にオーダーするのがオススメです。こってりとした魯肉飯とあっさりの大根スープの組み合わせが絶妙で、箸が止まりません!スープはおかわり自由なのも嬉しいですね!

▲続いて立ち寄ったのが「甘記焼仙草」(⇒Maps)という甘味処。こちらで、豆花(トウファ)を頂きました。豆花とは、豆乳から作られたゼリーのようなもので、甘めのシロップをかけて提供されます。フルフルの食感がたまらん!

▲そして、寧夏夜市の名物(?)、アボガドプリンミルクを提供する「曾家鮮果汁」へ(⇒Facebook)。そもそもアボガドプリンミルクとはなんぞや、という方のために解説しましょう。そう、その名のごとくアボガトとプリンのミルクシェイクなのです!こんなの食べたことない!

▲作り方もご想像の通り、ミキサーで作ったアボガドミルクの中に、市販のプリンをまるごと一個ドバっと入れて、再び撹拌します!エエッ、エエッエー( ;∀;)

▲出来上がりがこちら。一体どんなお味かというと……

アボガドとプリンが合わさったフルボディーなテイストの飲み物に仕上がっていました。濃厚でどっしりとした味わいで、飲み物というよりもむしろ食べ物。かなり高カロリーですね。スタパの「●●フラペチーノ」くらいのカロリーはあるんじゃないでしょうか。ここ寧夏夜市でしか味わえない飲み物なので、ぜひ一度オーダーしてみることをおすすめします。

(ただし、私の好みでは普通のアボガドミルクのほうがさっぱりしていて10倍美味しいですw)


スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿