スポンサーリンク

アユタヤにロットゥー(乗り合いミニバス)で行ってみた!

バンコクからのエクスカーションということで、北へ50kmほどのところにある世界遺産の古都アユタヤに行ってみました。アユタヤはバンコクからのアクセスも比較的容易で、かつ見どころが集中しているので、1日で効率よく観光ができるところが魅力ですね。

バンコクからアユタヤへは鉄道やバスなどいくつか交通手段がありますが、今回はタイ人にポピュラーなロットゥー(乗り合い式のミニバス)を使ってみることにしました。アユタヤ行きのロットゥーは、バンコクの戦勝記念塔付近のロットゥーターミナルから便が出ていて、所要時間1~2時間です。クーラーが効いていて比較的快適なので、オススメできます。

スポンサーリンク

▲まずは、BTS(スカイトレイン)で、戦勝記念塔(Victory Monument)駅を目指しましょう。

▲駅を降りると、巨大なラウンドアバウトの中央に天高くそびえる戦勝記念塔が目に飛び込んできます。ロットぅのターミナルは、ラウンドアバウトを挟んで駅とちょうど反対側にあります。BTSの高架の真下が歩道橋になっているので、そこを歩いて移動しましょう。

▲チケット売り場で、ロットゥーのチケットを購入しましょう。行先別に売り場が分かれていますが、アユタヤ行きのチケット売り場は一番目立つ売り場の端にあります。赤地に”ATUTTHAYA”と書かれたサインが目印です。片道60バーツ(約210円)なり。愛想のいい親切なお姉さんでした。

▲チケット売り場から少し歩いて、アユタヤ行きのロットゥー乗り場でロットゥーが来るのを待ちましょう。チケット売り場からは、同じくアユタヤ行きのロットゥーのチケットを購入したタイ人の後を付いて行きました。乗り場には大きな木がありますので、これが目印です。

▲アユタヤ行きのロットゥーは頻繁に出発していて、ものの数分で次の便が入線します。先ほど受け取ったチケットを運転手に渡して乗り込みます。

▲ロットゥーの中は、LCC並にぎゅうぎゅう詰めです。ミニバンサイズの車の中に15人の乗客が詰め込まれます。満席になり次第出発します。アユタヤまでは、交通状況にもよりますが、1~2時間程度かかります。

▲ロットゥーは、幹線道路をアユタヤに向けてビュンビュンとばして走ります。少々怖くなるくらいのスピードです。途中で2、3回停車し、途中下車や途中乗車があったり、さらにはガソリンスタンドにも立ち寄っていました(笑)。ガソリンくらいは予め入れておいてほしい……。自由だなぁ。

▲アユタヤに到着しました。車を降りるとすぐに、トゥクトゥクの観光ツアーの客引きなどが一斉に群がってきます。条件が良ければそれに参加するも良し、レンタサイクルを借りて自由気ままに遺跡をめぐるも良し。私は断然後者ですが。

この客引きがちょっと悪質で、「今はお祭りの時期だから自転車の乗り入れは禁止されている」などと事実と異なることを言って勧誘してくるのです。んなぁこたぁなくて、しばらく歩いたところにはレンタサイクルショップもありましたし、普通に自転車で遺跡観光が出来ました。とかく日本人はカモにされがちなので、ツアーに参加したくない時ははっきりとNOと言って断りましょう。

▲降車場付近はアユタヤのロットゥーのターミナルになっていて、様々な方面に便が出ているようです。屋台なども出ていてにぎわいがあり、とても楽しいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする