スポンサーリンク

台中駅の荷物預かりサービスを利用してみた!かなり使い勝手がいいぞ!

台中駅に到着しました!勢力的に早速観光しましょう!……といきたいところなのですが、邪魔なのがスーツケース。どこかで預けられるといいのだけれど。

そこで今回は、台中駅の有人の荷物預けに荷物を預けてみることにしました。台湾の主要駅にはこういった荷物預かりサービスが併設されています。料金もリーズナブルでなかなか使い勝手がいいので、これをうまく使いこなせばかなり効率的に台湾観光を楽しむことができますね。

▲こちらが荷物預け。一見すると薄暗い倉庫なので、初めての観光客にとってはなかなか入りにくい雰囲気です。台湾の人たちはすたすたと中に入っていきますが。

▲営業時間は朝の8時から夜の8時まで。この時間の中で荷物の引き取りをする必要があります。

▲荷物預けとしての整ったカウンターのようなものはなく、机が一台置いてあるだけ。Tシャツとハーフパンツのラフな格好のオヤジか対応してくれました。英語も通じないので、身振り手振りと指差しでのやりとりでした。

▲荷物の大きさによって料金が異なります。小は30TWD、中は50TWD、大は70TWDです。機内持ち込み可能なスーツケースを預けたのですが、”中”扱いになりました。50TWDを現金で支払います。

▲引換券を受け取れば、手続き完了です。 荷物を受け取る際は、この紙を提示ます。

▲荷物預かりの隣にはコインロッカーもあります。有人の荷物預かりに比べれば割高ですが、24時間利用できます。

▲料金システムは3時間毎となっていて、小が20TWD、大が50TWDです。

▲日本のコインロッカーによくある鍵式ではなく、暗証番号を入力するデジタル式になっています。使いこなすためには慣れが必要でしょうか……。