スポンサーリンク

札幌新千歳空港が楽しすぎて飛行機に乗り遅れるレベル!もはやテーマパーク状態で空港が目的地化している件

普通、空港は移動の際の単なる通過点として、多くの方は特に意識せずに利用していると思います。でもそれって非常にもったいないんです。様々な趣向を凝らして旅行者を歓迎してくれる空港は、もはや一つの目的地です。今回は、搭乗前の待ち時間をあっという間に感じてしまうくらい充実した、新千歳空港のエンタメ施設をご紹介します!

ロイズチョコレートワールド

新千歳空港と聞いて私が真っ先に思い浮かべるのは、ロイズチョコレートワールドです。ロイズチョコレートは、北海道土産の定番といえる高級チョコレートですよね。そのロイズチョコレートが、なんと空港内に工場を構え、できたてホヤホヤのチョコレートを即売してくれているんです!

工場は、国内線ターミナルと国際線ターミナルつなぐ連絡通路「スマイルロード」にあり、ガラス張りになっていて、チョコレートの作製過程を間近に見学することが出来ます。

オートメーションロボットが、実際に動いていところを見ることも出来るんです!

これが、見ていてなかなか飽きないんですよね(笑)。時間が経つのを忘れるくらい見入ってしまいました。

出来たてのチョコレートは、工場横の店頭にすぐに並べられます。お土産を買う人や、私のような甘党の人で混み合っています(笑)。ロイズチョコレートワールドについてはこちら »

ドラえもんわくわくスカイパーク

同じく、スマイルロードにはドラえもんをテーマとした「ドラえもんわくわくスカイパーク」があります(有料、公式サイト)。

ショップも併設されており、ドラえもんのかわいいグッズを購入することも出来ます。お子さんにはとても喜ばれると思います。

更におすすめしたいのが、こちらのカフェ。ドラえもんテイストでまとめられていて、とても楽しい雰囲気です。

こちらのカフェでは、ドラえもんピザやドラえもんパンケーキ、ドラえもんラテ、四次元ポケットピザetc… などなど、様々なオリジナルメニューがあり、これらが食べられるのは日本中で新千歳空港のみ。今回はパフェをいただきました。

シュタイフネイチャーワールド

こちらはテディベアで有名なシュタイフ社のテーマ施設です(有料、公式サイト)。ミュージアムの他に、ワークショップなども開かれたりしています。

じゃがポックルシアター

じゃがポックルシアターは、空港内の映画館。最新の映画のみならず、過去の名作を500円で見ることが出来る「ワンコインシアター」も開催されています(公式サイト)。

大空ミュージアム

そして極めつけか国内線ターミナルの4階にある「大空ミュージアム」です。航空ファン垂涎の逸品が多数展示されています。JALの歴代のCAの制服や、

特殊な飛行機の模型、

こちらも模型、

こちらも模型(笑)。

さらにエアライン関係のグッズなども展示されていて、かなり楽しめます。ショップも併設されていて、即買いも可!

フライトシミュレーターを体験してみるのも楽しいですよ!

こういった航空ミュージアムは、関西空港にも大規模な物がありますが、新千歳空港の展示もかなり見応えがあり、引けを取りません。一見の価値ありです!

こうしてみると、新千歳空港はかなり頑張っていますね。まるで、シンガポール・チャンギ空港のサービス精神を日本に持ってきたかのようです。全然飽きることがないので、搭乗予定の飛行機に乗り遅れることがないように注意しましょう!