スポンサーリンク

神戸のおすすめスポットはここ!カワサキワールド&神戸海洋博物館は乗り物好き歓喜!

神戸で必ず訪れておきたいのがここ、神戸海洋博物館&カワサキワールドです。海洋博物館とカワサキワールドが併設された施設で、博物館側では海や航海にまつわる展示が、カワサキワールド側では川崎重工業に関する展示が行われています。乗り物好きなら100%満足できる施設ですので、今回はちょこっとご紹介します。

▲神戸海洋博物館は、神戸ポートタワーのある湾岸のメリケンパーク内にあります。三宮駅からはシティループバスに乗って15分ほど。中央堤(神戸ポートタワー前)で下車すると、すぐ目の前です。奇抜なデザインのオブジェが建物の上に飾られているので、非常に目立ちます。

▲まだチケットも買っていないのに、前庭には度肝を抜かれる展示物がありました。このサンダーバードに出てきそうな船は、「ヤマトⅠ」。超電導磁石で海水を吹き出して進むスクリューのない実験船で、この方式で世界で初めて海上航行に成功しました。私も、小さいころ船の図鑑で見たことがありましたが、実物を生で見られて感激です!

▲チケット(大人600円)を購入し、神戸海洋博物館&カワサキワールドに入場します。神戸海洋博物館の建物の一部がカワサキワールドになっていて、チケットを購入すればどちらも見学することが出来ます。

▲まずはカワサキワールドから。まず入ると、川崎重工業の歴史や、扱っている製品についての展示がありました。ガスタービンの模型を食い入るように見ているヨーロッパ系の旅行者もいました。私は残念ながらそういった知識がないので、展示を見ても何がすごいのかよく分からないのが残念なところ。その筋の人が見たら、かなり楽しめる内容なのかもしれません。

▲次の部屋に進むと、180度ぐるっと周りを取り囲むシアタータイプの展示がありました。 プロジェクターからは、川崎重工業の事業内容を紹介する動画が映し出されていました。

▲更には進むとモーターサイクルギャラリーがあります。カワサキの誇る歴代の本物のパイクが展示されていました。マニアにとっては、垂涎の逸品ばかりなのかもしれません。素人の私ですら、ちょっと楽しくなっちゃいました(笑)。

▲さて、乗り物ファンの私に最も響いたのは、こちらのミュージアムスペース。なんと、実際に使われていた0系新幹線が展示されているのです!

▲運転席に実際に座ることも出来ます。こんな体験、なかなか出来ないですよね!時代を感じさせるアナログチックな計器にアガりまくりです!

▲客席も、実際に使われていたものがそのまま残っています。こちらも座ることが出来ます。

▲規模の大きな鉄道ジオラマもありました。様々なタイプの鉄道模型が勢いよく走っていました。

▲こちらは、川崎重工業が開発中のSWIMOというライトレールの等身大模型です。架線がなくとも蓄電池で走ることが出来るのだとか。

▲川崎バートル式107型ヘリコプターの実物も展示されていました。かなりの迫力!実際に機内に入ってみることも出来るんですよ!

▲こちらが、ヘリコプターのコクピット。様々な計器が並んでいて、何がなんだか素人にはよく分かりませんが、カッコイイです。

▲展示物だけではなく、体感型のアトラクションもありました。こちらはフライトシミュレーターで、神戸空港の発着の操縦を10分ほど無料で体験できます。

▲こちらは、ジェットスキーのシミュレーションゲーム。設定されたルートを制限時間内で回れるかを競うのですが、なかなか難し目でした。案内係のおじさんがいちいち横から茶々を入れてくるのですが、これはマジで御免被りたいです(笑)。この他にも、本格的な「電車でGO」や、クイズマシンなどもありました。

▲こちらは工業用ロボットの展示です。目にも留まらぬ速さで、きびきびと動くのが見ものでした。

さて、カワサキワールドを見た後は、神戸海洋博物館の展示もちゃんと見ておかないとね。ということで、博物館内の展示を見て回ったのですが、撮影禁止でしたので、ブログでご紹介できません。古来の航海法や航海にまつわる物品が展示されていました。

▲唯一撮影出来たのがこちらの模型船コーナー。数十の豪華客船の模型がずらっと並べられていました。いくつかご紹介します。

▲定番の、タイタニック号。4本の煙突が印象的です。

▲こちらは豪華客船の代名詞的存在、クイーン・エリザベス号。船の形状も、白、黒、赤の配色も優雅で美しく、気品にあふれている気がします。

▲プリンセス・クルーズのロイヤル・プリンセス号。

▲カーニバル・クルーズ・ラインのカーニバル・リバティ号。カジュアルクルーズ用の客船ですね。

▲そしてこちらが世界最大の客船、ロイヤル・カリビアン・クルーズのオアシス・オブ・ザ・シーズ。目下、乗ってみたい船の筆頭です。

▲オアシス・オブ・ザ・シーズは、船の内側が吹き抜けになっていて、公園が作られているんですよね。すごすぎ!

▲船尾は、まるでローマ時代の円形野外劇場のような作りになっていて、ステージが設けられているんです!発想が斬新!いつか、絶対に乗ってみたい!

神戸海洋博物館&カワサキワールドは、大人も子供もかなり楽しめると思います。神戸に行った際は、是非訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする