スポンサードリンク

2015年3月15日

「香港の秋葉原」的電気街、深水埗(シャムスイポー)デジモノ市に行ってみた!Windows Phone買っちゃった!

デジモノ好き、スマホ好きの皆さん、こんにちは!今回は、香港のデジモノのメッカ、深水埗(シャムスイポー)のデジモノマーケットをご紹介します!

このマーケットは、先日ご紹介したスマホの聖地先達廣場と並び、デジモノ・スマホ好きの方はかならず訪れるべきスポットで、正規品・純正品から、一癖も二癖もある怪しい商品までありとあらゆるデジモノが売られています。それも、店舗ではなく屋台で!!まるで八百屋で野菜を売るがのごとく、デジモノが売られているんです!早速チェック、チェック!!

MTRの深水埗駅の出口から地上に出ると、そこには日本では決して見ることができない光景が広がっていました。スマホやタブレットが、雑然と並べられ、まるでバナナのたたき売りのような扱いで売られているのです!

中古のスマホ・タブレットがカート売りされています!!こんな扱いでいいの?(笑)日本だと、まるで宝石を扱うかのように丁寧にディスプレイされると思うのですが、そういう常識はここでは全く通用しません!

更に進むと、変な屋台がぞくぞくと現れてきました。こちらは中古リモコン専門の屋台。ありとあらゆるリモコンが売られていました。リモコンが故障しても、ここにくれば安心ですね(笑)。でも、これだけで商売が成り立つというのが驚きです。

こちらは、磁石の専門屋台。様々なサイズの板状の磁石から、円形、球形の磁石、さらにはコイルまで売られていました。

チェーンの専門屋台もあります。すごくジャラジャラしてます(笑)。

こちらは工具の専門屋台です。ペンチやニッパーの種類が尋常ではありません!!

ドライバーや巻き尺も多数並べられています。これで日曜大工はバッチリですね!

そして圧巻なのが、電動工作器具の専門屋台です。電動ドリルや電動カッターがこれでもかというくらいありました。ひょえ~!!

エッ、これは何?ガラクタも売ってるの?!エッ、エッ、(困惑)

さて、屋台の裏には極普通の店舗もあります。こちらは"M PHONE"という携帯・スマホショップです。まともそうなので入ってみました。ソニーやサムスン、LG、シャオミーなどのアンドロイド端末とノキアのWindows Phoneなどが売られていました。

で、ノキアのLumia 530を衝動買いしてしまいました!先達廣場で見て、買おうかと迷っていたのですが、588HKD(9000円強)と非常に手頃なお値段だったので、物は試しと買ってしまいました(笑)。このお値段なら、買って失敗だったとしても諦めがつきますし。

SIMフリー端末かどうか、日本本でも使えるのかを店員さんに確認しました。店員さんが言うには、日本でも使用OKで、かつデュアルSIMだということでした。デュアルSIM!!SIMカードが2枚入るんですよ!すごい!

購入前に、持参した日本のSIMを入れて動作確認をさせてもらいました。(香港では、購入前の動作確認は必ず行ったほうがいいです。)動作も良好なので即買いしました。クレジットカード手数料12HKDが加算され、トータルでは600HKD、日本円でおよそ9,400円です。いい買い物が出来ました。

深水埗のデジモノマーケットは、本当に飽きることがありません。雰囲気そのものも楽しいですし、売られている妙ちきりんな商品を物色するのもとても楽しいですよ。掘り出し物に出会ったら、即買しましょう!



スポンサードリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿