スポンサーリンク

金色の大伽藍に圧倒される!ランタオ島の寶蓮寺(宝蓮禅寺)と天壇大仏

MTR東涌から伸びるロープウェイ、昂坪(ゴンピン)360スカイレイルの終点は、昂坪360という文化・商業地区になっています。更にその先には、寶蓮寺(宝蓮禅寺)と天壇大仏がそびえており、ここが昂坪360のメインの必ず訪れたいスポットです。特に、寶蓮寺の金色の大伽藍は圧倒的で、絶対にこの目で見ておきたい香港の隠れた名所でもあります。今回は、天壇大仏と寶蓮寺をレポートします。

天壇大仏は小高い山の頂上に鎮座しており、何百段もある階段を登らなければなりません。かなりしんどいです、はい。

そうそう、写真では手前に犬が寝そべっていますが、大仏や寶蓮寺周辺では中型犬が何十匹も放し飼いされていました。まさに犬の楽園状態です。何れの犬も観光客には慣れっこのようで非常におとなしく、吠えたり噛み付いたりすることはないようですが、犬嫌いの人にとっては怖いかもしれませんね。

階段を半分くらいまで登りました。大仏をバックに写真撮影する人も大勢いらっしゃいますね。

ようやく階段を登り切りました。大仏、デカイ!右下に写っている人と比べてみても、その巨大さがわかると思います。

台座の周囲には天母の像が置かれ、大仏の偉大さを讃え、お守りしています。

大仏が見下ろしているのは、こちらの寶蓮寺。禅寺です。日本の禅寺と比べても、はるかに巨大な建物だと思います。奈良の東大寺くらいの大きさはあるのではないでしょうか。こちらも是非見学してみましょう。

こちらが正面にある大雄宝殿。菊の花が綺麗に飾り付けられています。

内部には、金色の仏様が祀られています。多くの人が訪れますが、皆、この空間の凛とした空気に圧倒されるようで、小声で「ワオ」という驚きがときおり聞こえてきます。

跪いて熱心に祈る人も。単なる観光寺院ではなく、確かな信仰の場なのでしょうね。

さて、観光客の多くは大雄宝殿を見て満足して帰ってしまうのですが、実はその奥に、ぜひ見学しておくべき建物があります。

それがこちら、万仏殿です。扉の両脇の彫刻も見事、極彩色の屋根のひさしも見事ですね。

そして、その中には金色に輝く大広間が!!!入った瞬間に、圧倒的で、言葉では語り尽くせないような感動を覚えました。今まで体験したことのない感覚でした。

寶蓮寺はぜひ訪れてみてください。賑やかな香港島・九龍とは全く別の「香港」を体験することが出来ますよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする