スポンサーリンク

ニュージーランドのお土産にも困らない?!オークランドエアポートショッピングセンター

さて、ニュージーランドのおみやげは何にしましょう。あまりにベタなお土産はちょっと……。そんな私は、よく現地のスーパーを訪れます。その国でしか手にはいらないものが、結構売られていてお土産を買うのには結構重宝するんですよ。

今回は、オークランド国際空港から歩いていける距離にある、エアポートショッピングセンターをご紹介します。

エアポートショッピングセンターは、オークランド国際空港のターミナルから、歩いて10分ほどのところにあります。スーパーや衣料品店の他にも銀行やクリニックなどが入っています。おもに現地の人が利用しているのですが、私のような観光客でも十分に利用価値のある施設になっています。

腹が減っては戦はできぬということで、Carl’s Jr. というファストフード店に入ってみました。Carl’s Jr. はアメリカ西海岸発祥のハンバーガー屋さんなのですが、日本には未進出。どんな感じなのでしょうかね。

店内は、ポップでカジュアルな雰囲気。

何をオーダーしようかしらん。

どれも美味しそうで迷います。クラシックシリーズも、フェイバリットシリーズも、グルメシリーズも美味しそう!

結局、グルメシリーズのアボガド入りコンボにしました。ポテト&ドリンク付きで11NZDなり。

見てください、このボリューム!食べごたえがあって、とても満足です。

では、早速ショッピングしましょう。The Warehouseという衣料品店へ入ってみました。

The Warehouseという名前の通り、倉庫のような大空間にダーッと衣料品が並べられていました。

訪れたのがイースターの時期でしたので、イースターセールが行われていました。プレゼントを買う人達で結構賑わっていました。

私がお土産に買ったのは、この可愛いキウイのぬいぐるみ。ニュージーランドのお土産としては最適ですね。約10NZD。

続いて、countdownという食料品スーパーに入ってみました。

外国のスーパーって面白いですよね。小品のディスプレイの仕方がとても鮮やかで、ついつい手を伸ばしたくなってしまいます。

こちらは肉コーナー。でっかいハムが、でんと置かれていました。こんなハム、ニュージーランド人はぺろりと食べてしまうのでしょうか。

こちらはベーカリーコーナー。焼きたてのパンがたくさん並べられていました。日本のパンに比べて一つ一つが大きいですね。

こちらは牛乳です。洗剤の容器のようなものに牛乳が入っています。ちょっとこれは慣れないと飲む気にならないかもしれません(笑)。

さて、おみやげに何を買いましょうか。生鮮食料品や肉類は面倒だし……。そこで候補に上がるのが、お菓子か、トップ画像の缶詰などでしょうか。今回はかさばらないお菓子にしました。それにしても種類がありすぎて、どれを買うべきか困ります。

そこで通りがかりの現地のおじさんに「ニュージーランドのオリジナルなお菓子はどれ?」と聞いてみました。親切に教えてくれたのが次の二つでした。

まずは「DAIRY MILK」というチョコレート。でもこれ、イギリスのメーカー、キャドバリー(Cadbury)の製品ですよね。美味しいんだけれども、もうちょっとニュージーランドっぽいのないですかね。(とはいえ、3つ購入したのですけれども。)

そこで紹介されたのが、ウィッタカー(Whittaker’s)のチョコレート。特にキウイフルーツ味を薦められました。この板チョコ、地味にずしりと重いのです。日本にはない重量感。これはいいお土産になりますね。即買いです。(後日自分用のチョコを食べてみたのですが、ウマウマでした。)


ウィッタカーミルクチョコレート


キャドバリーフルーツ&ナッツ