スポンサーリンク

香港トラムにタダで乗れちゃう裏技?!JCB海外優待パンフレットのクーポンがお得!

香港島名物のダブルデッカートラムに乗車してみました。このトラムは、香港島のヴィクトリア港側を東西に結ぶ動脈で、観光客にも大人気の移動手段です。

トラムの行き先・ルートを確認し、乗り込んでみましょう。

トラムの後扉が乗車口、前扉が降車口という作りになっていて、後ろ側から乗車します。乗車口には回転バーが設置されており、バーを自分で押して乗り込みましょう。

乗り込むと、右側にアッパーデッキに上がる階段があります。左側がローワーデッキになっています。

まずはローワーデッキのほうから。こちらはトラムに乗り慣れた地元の方が多いような気がします。車内は落ち着いていますが、席は空いていませんでした。

続いて階段を登ってアッパーデッキに上がります。かなり急な階段なので、走行中に移動する場合は特に注意が必要ですね。

こちらがアッパーデッキの様子です。以外に広く感じられます。見晴らしもよく、観光客に人気ですね。ただ、二人がけのシートは結構窮屈で、見ず知らずの人と体がピッタリとくっついてしまうので抵抗がありました(笑)。一人旅ならば一人席に座るのが正解。

トラムは車内アナウンスなどはありません。降りる停留所が近づいて来たかどうかを自らの目で確認し、自発的に判断する必要があります。不安ならば、現地の人にガイドマップなどを見せて確認してもいいでしょう。停留所が近づいてきたら、階段を下り降車準備をししましょう。

料金は、降車の際に運転手横の料金ボックスに入れます。1回の乗車につき一率2.30HKD。お釣りは出ませんので、小銭は用意しておきましょう。なお、オクトパスカードも利用できます。

さて、今回はある裏技を使って、トラムをタダで利用できました!それが、JCB海外優待パンフレットです。

JCBでは、羽田、成田、関空でクレジットカード会員向けに海外優待パンフレットを配布しています。チェックイン前にJCBのブースに行きクレジットカードを提示することで、優待パンフレットをゲットできます。

香港に行くことを申し出ると、こちらのパンフレット一式を受け取ることが出来ます。

今回特に重宝したのが、こちらの「JCBで香港を楽しむ」という一冊。

香港トラムの無料乗車クーポンがついているのです!既に2枚利用しました。トラムを降りる際に、クーポンとJCBクレジットカードを運転手に提示すれば、トラムの料金がタダになります。これはお得ですね。

トラムの路線図や、

トラムの乗り方についての説明もあります。

その他にも、香港の観光マップや

それぞれのエリアの観光スポットの解説など、

さらには、お薦めのショップやレストランの案内や優待情報などもあり、これ一冊あれば市販の観光ガイド本など必要ないレベルです。

羽田、成田、関空のJCBのブースには、アメリカ版やヨーロッパ版など、目的地別にこういった冊子が置かれていますので、渡航前に必ず立ち寄って優待パンフレットをゲットしちゃいましょう!