スポンサーリンク

香港公園観鳥園に行ってみよう!これだけの施設が無料ってすごい。

香港島のオアシス、香港公園に行ってみましょう。名物の「観鳥園」で、南国の鳥達をウォッチングです!

香港公園は、香港島の最も賑わったエリア、中環のほぼど真ん中にあり、奇抜なビル群に囲まれた都会のオアシスです。ピークトラム乗り場から歩いて3分ほどなので、ビクトリアピークに行くついでに訪れる人も多くいます。

この公園で最も人気がある施設が「観鳥園」、すなわちウォークインバードケージです。公園の一角が巨大な網で覆われ、その中で数十種類の鳥が放し飼いにされています。日本の動物園にもウォークインバードケージはありますが、この観鳥園は規模が全く異なり、一見の価値あり。

この素晴らしい施設が、なんと見学無料なのです!出入り自由で熱帯~亜熱帯の鳥達を観察できます。早速中に入ってみましょう。

木々の梢の間を縫うように空中歩道が張り巡らされていて、見学者はそれに沿って歩いていきます。土曜日の午後に訪れましたが、観光客でだいぶ賑わっていました。

この空中歩道は、地上から5~6mほどのかなり高いところを通っているので、木々の枝先で羽を休めている鳥達を間近で観察ます。まるでジャングルの間を歩くような感覚です。

鳥の種類はよくわかりませんが、撮影出来たものをいくつかご紹介します。これはインコでしょうか。鮮やかな羽がきれいですね。

すぐそこの手が届きそうなところに2羽。人に慣れていて、全く怖がる様子すらありません。

こちらは白い羽がとてもきれいな鳥です。これらの他にも、様々な鳥が飛び交っていました。

香港公園内には、この観鳥園の他にも植物園や親水公園、博物館などが併設されています。のんびりとリフレッシュして、旅の英気を養いましょう。