スポンサードリンク

2014年3月13日

香港駅の荷物預かりは激混みなので早めが吉!

「目的地に着いたけど、ホテルのチェックインまで時間があるから軽く観光したい」とか、「ホテルのチェックアウト後も荷物を預けたいけど、ホテルに預けると戻って来なきゃいけないのが面倒」とか、そういったニーズに答えてくれるのが駅の荷物預かりですよね。

エアポートエクスプレスの始発駅である香港駅にも、もちろん荷物預かりがあります。地下の駅からエスカレーターで上り、地上フロアの端の方に位置しています。香港駅はいくつかエスカレーターがあり場所がわかりにくいのですが、「Left baggage→」というサインが至るところにありますので、矢印を手がかりに探し当てましょう。

それにしても混み合っていますね。私が訪れたのは土曜日の午前10時半頃でした。すでに多くの方が荷物を預けていたようで、5分ほど待ってようやく私の手続きが始まりました。


荷物を預ける際は、パスポートの提示が必要です。荷物預かりのレシートに、荷物の数やタグの番号、パスポート番号などが書き込まれます。最後に、自分のサインをすればOK。荷物を引き取るまで、このレシートは大切に保管しましょう。
しばらく香港島を観光して、およそ5時間後に荷物を引き取りに先ほどの荷物預かり所に行ってみました。すると「満」の字が!どうやら荷物でいっぱいになってしまい、これ以上預かれないようです。「九龍駅の荷物預かりを利用するように」との案内もありますが、せっかく香港島に来たのに九龍にもどるなんて嫌ですよねぇ。荷物が預けられないで当惑している旅行者も数名いました。

私は午前中に預けてしまっていたのでラッキーでした。先ほどのレシートを示し、自分の荷物を受け取ります。料金は60HKDでした。この荷物預かり所は、混乱を避けるためにも早めに預けてしまうのが吉ですね。

スポンサードリンク




0 件のコメント:

コメントを投稿