スポンサードリンク

2017年5月23日

オシャレなニューヨークみやげ発見!スモーガスバーグ&ブルックリンフリー

ニューヨークでは、毎年4月から11月にかけての毎週末に「スモーガスバーグ」というフードイヴェントが開催されます。ニューヨークのB級グルメが一堂に会する非常に大きな食の祭典なのですが、それに合わせて「ブルックリンフリー」という蚤の市も催されます。

スモーガスバーグとブルックリンフリーは、ニューヨークの「今」を知るにはもってこいのイヴェントで、流行りモノ好きのニューヨーカーたちがこぞって訪れていました。青空のもと、マンハッタンのスカイラインをバックにしながら、食もショッピングも一緒に楽しめるスモーガスバーグ&ブルックリンフリーに潜入してきました。
Blogger Widgets

2017年5月21日

機内食がコンビニスナックレベルで凹む。アシアナ航空インチョン→成田OZ106便搭乗記

今回は、アシアナ航空のインチョン→成田のエコノミークラスの様子をご紹介します。アシアナ航空は、もう何年も前からスカイトラックス社の格付けで5つ星を取り続けていることで有名ですよね。サービスの面ではかなり評価が高いエアラインの一つです。しかし、実際のフライトはドウだったのでしょうか……

◆搭乗便: アシアナ航空OZ106便
◆使用機材: A330-300
◆スケジュール: インチョン15:25発→成田17:50着

2017年5月19日

驚愕!CAが全員オッサンだった!アリタリア航空国内線ヴェネチア→ローマ搭乗記

経営破綻してしまったアリタリア航空で、イタリア国内を飛んでみました。ルートはヴェネチア発ローマ着の人気路線です。イタリア旅行する日本の方も、きっと乗る機会があると思いますので、その様子をレポートしてみます。

◆搭乗便: アリタリア航空AZ1464便
◆使用機材: A320
◆スケジュール: ヴェネチア10:00発→ローマ11:05着

2017年5月18日

「ワトソンホテル」が快適!ニューヨークのリーズナブルでまともなホテルならここ

ニューヨークはホテル代が異常に高い!1泊1万円以下のホテルなどほぼ皆無。まともなサービスのホテルに泊まりたければ、最低でも1泊1.5~2万円は覚悟しておかなければなりません。そんな旅行者泣かせのニューヨークのミッドタウンにあって、5番街やセントラルパーク、タイムズスクエアも徒歩圏内という好立地にも関わらず、1泊1万円台後半で泊まれてしまうおすすめホテルをご紹介します。

▲それがこちらの"The Watson Hotel"(ワトソンホテル)です。このホテルは、最近までホリデイ・イン系列のホテルとして営業していましたが、名称をリブランドしました。そのためか、ニューヨークでもまだまだ認知されていないようで、だからこそ狙いめなんです。

さすが、ホリデイ・インの名前を冠していた大規模ホテルらしく、ロビーには豪華なバーラウンジがありました。チェックインカウンターの直ぐ側にこんな素敵なラウンジがあって、結構”アタリ”なホテルのかもしれませんね。

2017年5月17日

プーケットまで2万円!HKエクスプレスの往路100円セールが安い!

HKエクスプレス(香港エクスプレス)航空が、往路100円のセールを実施中です。で、狙い目はというと……

タイの楽園プーケットです!なんと、往復チケットがコミコミで2万円強!

2017年5月15日

ミネアポリス空港のエスケープラウンジが優秀!プライオリティパスで利用可能

デルタ航空のハブ空港の一つ、ミネアポリス・セントポール国際空港にはプライオリティパスで利用できるラウンジが一箇所あります。それが今回ご紹介する「エスケープラウンジ」です。

ミネアポリス国際空港は、デルタ航空の「日本⇔ミネアポリス⇔アメリカ国内」の乗り継ぎでお世話になることが多いと思います。その乗り継ぎの際に、プライオリティパスでラウンジに入ることができるのは大変心強いですよね。

実際にエスケープラウンジに潜入してみたところ、食事を含めたサービスが充実しており、かなり使い勝手の良いラウンジでした。乗り継ぎ時にかなり使える印象です。一体どんなラウンジなのでしょうか……

2017年5月14日

成田空港有料ラウンジ"Narita TraveLounge"(ナリタトラベラウンジ)が結構使える!

昨年11月に鳴り物入りでオープンした成田空港の新しい有料ラウンジ"Narita TraveLounge"(ナリタトラベラウンジ)に潜入してきました。

このラウンジは、クレジットカード提携ラウンジでもなく、またプライオリティパスでも利用できない、完全に有料のラウンジです。つまり入室するには必ず料金を支払わ慣れればなりません(一部を除く)。

しかし裏を返せば、クレジットカードやプライオリティパスがなくても、マイレージ上級会員でなくても、さらにはエコノミークラス利用者であっても、料金を払いさえすれば誰でも自由に使うことができるということであり、その意味では大変平等なラウンジであるとも言えます。

では、このラウンジは、いったいどんなところなのでしょうか?

2017年5月13日

デルタの格安チケットのフライトマイルは、スカイマイルに加算すると損かも

あれは4ヶ月前。東京⇔ニューヨーク往復が2万4千円台からという衝撃的な価格のフラッシュセールがありました。
【祭だ!】東京⇔ニューヨークが2万4千円台から!サプライスのデルタ便が衝撃価格!
利用エアラインは、米系の中でもサービス水準が高いと言われているデルタ航空。ブッキングクラスは"V"でした。私は、このセールチケットを発見してすぐに衝動買いしたので、なんとかゲットすることができました。このフライトの様子については当ブログでご報告しました。
デルタが意外と快適だった!DL120便エコノミークラス羽田→ミネアポリス搭乗記
ニューヨーク・ラガーディア空港着なら右窓側席がオススメ!&マンハッタンへの格安移動方法
機内食に大満足!デルタ航空B747-400デトロイト→成田DL275便搭乗記
デルタのフライト自体は滞りなく、順調なものでした。しかし、帰ってきてからデルタ便の搭乗で獲得できたデルタスカイマイルの加算状況を確認してみると、衝撃の事実が!