仕事にも使える!羽田空港2タミ POWER LOUNGE NORTH が格好いい!

シェアする

スポンサーリンク

昨年オープンしたばかりの羽田空港のカード/有料ラウンジ、POWER LOUNGE NORTH(第2ターミナル)を使ってみました。

このラウンジは、それまであった「エアポートラウンジ北ピア」を閉鎖・移転し、規模を拡大かつ最新設備を導入してオープンしたものです。

スタイリッシュで、格好いいラウンジの様子をレポートします。

スポンサーリンク


▲お目当てのラウンジは、第2ターミナル北ピアの3階にあります。搭乗フロアからですと、北ピアの吹き抜けエリアにあるエスカレーターを利用するのが便利です。



▲パワーラウンジのエントランスです。シンプルですっきりとしたデザインで、格好いいですね。自動ドアなどはありません。受付カウンターで、提携クレジットカードの提示、または利用料(大人1,080円、小人540円)を支払うことで入室できます。



▲ラウンジ内部はかなり広くなっています。余計なものが一切なく、飾り気のない見通しの良いラウンジです。



▲大窓からは外の光が燦々と降り注ぎます。窓際はパソコンデスクになっていますが、これだとやや仕事しづらいかもしれませんね。



▲奥にはソファーがたくさん設置されています。一席あたりの占有スペースがかなり広くなっていて、窮屈さを感じることはないでしょうね。ソファーのわきには備え付けのサイドテーブルもあって、何かと便利です。



▲こちらはラウンジ手前側のワークスペース。まるで、ちょっとしたコワーキングスペースのようですね。



▲こちらには気の利いた設備がありまして、テーブルの縁に、USB電源、AC電源、そして手提げ袋用のフックが設置されています。こういった設備は、パソコン仕事をするビジネスパーソンにとっては大変ありがたいと思います。



▲雑誌や新聞も貸し出されていました。ラウンジの大きさの割には、ラインナップもがやや貧弱な気もしますが、まあ、事足りるでしょう。



▲ソフトドリンクは、ファミレスタイプのジューサーバーではなく、本格的なジューサーバーで提供されています。左側のボトルには、左から順に水、青汁、アイスコーヒー、牛乳が入っていました。青汁をいただきましたが、クセがなくて非常に飲みやすかったです。


▲アルコールは、「羽田スカイエール」という地ビールが提供されています。この地ビールは、羽田空港でしか入手できないようなので、こちらでいただいてみるのもいいかもしれませんね。

【まとめ】
羽田空港第2ターミナルのPOWER LOUNGE NORTHは、スタイリッシュで落ち着いたラウンジです。特にビジネスパーソンがメインターゲットのようで、飛行機搭乗前にちょっとした仕事をするにはもってこいの場所ではないでしょうか。

スポンサーリンク