長距離路線ビジネスクラスが16万円!マレーシア航空でFOP単価は7.8!

シェアする

スポンサーリンク

久々に激安ビジネスクラスチケットが売り出されています!そのチケットとはマレーシア航空で、ソウル⇔クアラルンプール⇔オークランドという長距離のフライトが、なんと161,000円です!やっす!

スポンサーリンク

チケット予約サイトのサプライスで、例えば、往路インチョン発11月30日、復路オークランド発12月6日、ビジネスクラス指定で検索してみました。すると……

なんと、161,000円!2番手の中国南方航空よりも、およそ9万円も安いではありませんか!こりゃ凄いっす!!!

▼驚いてばかりではいられません。フライトの詳細を確認してみましょう!

往路で2時間、復路で8時間のクアラルンプールでの乗り継ぎがありますが、それを考慮してもこの価格は安いですね。クアラルンプールでは、マレーシア航空の誇るゴールデンラウンジを利用できますし、8時間ラウンジに入り浸るのもありかもしれません。

ICN-KUL間、及びKUL-AKL間にはリニューアルされたA330-300が飛んでいます。この機材のビジネスクラスシートには完全フルフラットタイプのスタッガードシートが導入されています(当記事トップ画像参照)。ですので、長時間のフライトでもかなり快適なはずです。

▼一応料金内訳を確認しておきましょうね。

本当に、コミコミで161,000円で乗れちゃうんです!こりゃ凄い!

FOP単価は?

ここからは、JALの修行僧向けのお話です。修行僧にとっては、最も気になるのがFOP単価ですよね。そこでざっと計算してみましょう。

ICN⇔KUL⇔AKLの往復フライトマイルは、16,534マイル(当ブログ調べ。実際のマイル数とは誤差がある可能性があります)。今回ご紹介したチケットのブッキングクラスはDですので、JALのマイレージバンクに加算する場合の加算率は125%になります。つまり、

16,534マイル × 125% = 20,667マイル

加算されることになります。提携航空会社でのフライトですので、FOPについてもこの値がそっくりそのまま適用され、20,667FOP獲得できることになりますね。そこで、FOP単価を割り出してみます。

161,000円 ÷ 20,667FOP = 約7.8円/FOP

となりました!FOP単価が7.8というのは、まずまずではないでしょうか?それでいて、フルフラットのビジネスクラスに乗れちゃうので、このチケット、絶対オススメです!

当ブログ調べでは、11月から来年3月までの、木、金、日の出発で検索すると、このチケットがヒットする可能性が高いです。気になる方はお早めにゲットしてみてくださいね!

チケット予約サイトのサプライス

スポンサーリンク