ANA国際線の受託手荷物規則(無料手荷物許容量)がこっそりと大改悪

シェアする

スポンサーリンク
Check-in Counter By Photo Atelier Ryunoshin

ANAの国際線の受託手荷物の規則が改悪されることが、2013年4月25日付のプレスリリースで明らかになりました。

特に大きな影響があるのが、エコノミークラスです。従来、2個まで無料で手荷物を預けることが出来ましたが、新ルールでは1個のみとなります。

【エコノミークラスの無料受託手荷物数の変更】
現行 2個 → 新規則適用後 1個

また、受託手荷物の大きさについても大きな変更があります。従来、3辺の和が203cmまで可でしたが、これが158cmまでと改められます。この新規則はエコノミークラスだけではなく、全クラスに当てはまります。

【無料受託手荷物の許容サイズの変更(全クラス共通)】
現行 203cm以下 → 新規則適用後 158cm以下

その他にも、超過手荷物料金が改定されたり、ANAブロンズメンバーの受託手荷物の優遇取り扱いが変更されるなど、かなり大きな変更点がありますので、ANAをご利用になる方は必ず公式サイトでチェックしておいてください。なお、新規則の摘要は、2013年6月1日以降の航空券発券分とのことです。

スカイトラックスの5つ星エアラインになったばかりなのに、その直後に大幅な改悪っぷり。ちょいと酷すぎやしませんか、ANAさん。

(追記)
4月26日16時に、手荷物ルール変更に関するメールがANA expressより配信されました。そのため本記事タイトルの「こっそり」という表現は現時点では適切ではありません。

スポンサーリンク