AirAsiaX 子供の利用を禁止した「クワイエットゾーン」を新設

シェアする

スポンサーリンク
Silly By Teckie Kev

2月より、エアアジアXはすべてのフライトで「クワイエットゾーン」を新設しました。

クワイエットゾーンとは、乳幼児や12歳以下の子供の利用を禁止することで生み出されたノイズのない静かなエリアのことで、機体前方の7列~14列がそれに当てられています。

上図の、ピンクで色分けされた63席がクワイエットゾーンに該当します。プレミアムシートの後ろで、かつラバトリー等で一般席と隔てられているので、泣き喚く乳幼児や子供がいなくなれば、それなりに静かな空間になりそうです。

その他にも特別な照明が用意されているとのことで、ちょっぴりオトナな雰囲気のフライトになるのでしょうか。

標準シートならば35マレーシアリンギット、ホットシートならば110マレーシアリンギットを座席指定料金として支払えば予約出来ます。予約の際に、ウェブサイトから指定するようになっています。

私自身、とあるLCCに搭乗した際、後ろの席の子供が私の座席の背面を蹴っていたので、別の席に移動したことがあります。クワイエットゾーンならば、こういったトラブルも未然に防げるかもしれませんね。

ニュースソース:AirAsia X Quiet Zone

スポンサーリンク