MonoMax2月号特別付録「SHIPS仕事ができる万能長財布」は実際にスマートトラベルに使えるのか試してみた!

シェアする

スポンサーリンク

モノ雑誌No.1のMonoMax2013年2月号(宝島社)の特別付録は、「SHIPS仕事ができる万能長財布」です。今回は、この長財布が実際の旅行にどこまで使えるか、スマートトラベル的視点からレビューしてみます。

海外旅行をする場合、パスポートや搭乗券、税関申告書、外貨、カード類など細々したものを携帯していなければいけませんよね。日常使っている財布や小物入れでは、こういったものをまとめて管理するのは難しいので、旅行用のトラベルウォレットを用意しておくと便利です。

そこで目に入ってきたのが、月刊誌MonoMax(定価690円)の特別付録の万能長財布でした。通常、トラベルウォレットは安くても3千円程度するので、この万能財布がトラベルウォレットとして使えれば、付録目当てで雑誌を買ってもお得になります。

気になるその使用感は…

MonoMax2月号です。今月号では「傑作カバン」が特集されており、こちらも気になるところなのですすが、今回は左上の万能長財布の写真が目に飛び込んできたので衝動買いしてしまいました

中を開けてみると、ありました!SHIPS 2WAY長財布!ワクワクしながらパッケージを開けていきます。

すると、出てきたのがこの長財布。大きさはパスポートと比べるとわかると思いますが、手にしっくり馴染むちょうどいいサイズ。ちょっとしたハードカバーの手帳のような外観です。チャックで閉じられるようになっているので、作りはしっかりしていますね。

中を開いてみました。たくさんポケットがついていて、心強い限りです。右側には大きめのポケットが2つ、そのうち1つはクリアケースになっています。

左側は、チャック付き小銭入れが2つ、カード入れが2つ、札入れが2つ備わっています。2種類の通貨を同時に管理できるようになっていて、旅行の際はかなり重宝しそうです。

実際に、パスポートを入れて試してみました。パスポートがちょうど入るように作られた、ジャストフィットなポケットになっています。続いて、搭乗券を入れてみると…

あれっ、搭乗券がはみ出してしまいました。搭乗券は折り曲げなければ入りません。しかし、搭乗券の折り曲げは推奨されていないので、この長財布では、搭乗券には対応できないようです。

ということで、搭乗券が収まらないことを除けば、「SHIPS仕事ができる万能長財布」は十分海外旅行で使えそうです。とくに、2種類の通貨を一つの財布で同時に管理できるので、海外ではかなり重宝するのではないでしょうか。

この便利な財布が690円で手に入ってしまうので、気になる方はチェックしてみてください。

MonoMax(モノマックス)2013年1月10日発売号