スポンサードリンク

2017年6月16日

一度は訪れたい!テンションが上がる世界のカッコイイ空港5選!

「空港は、フライトという非日常を演出する装置である。」by管理人

空港に行くとなぜかウキウキしませんか?そのウキウキ感をさらに高めてくれる空港がいい空港だと私は考えています。世界には、そんな素晴らしい空港がたくさんあります。今回は、そんな空港を五つピックアップしてみました。



スポンサードリンク

第5位 ケルン・ボン空港第2ターミナル

▲ケルン・ボン空港は、世界遺産の大聖堂で有名なケルンと、旧西ドイツの首都だったボンのちょうど中間地点に位置する空港です。その第2ターミナルがかっこいいんです!見渡す限り全てメタリックで近未来的!

▲メタリックな構造とガラスで構成されていて開放感抜群です。壁らしい壁がほとんどなくて、広々とした印象ですね。建築デザインは、バンコク・スワンナプーム国際空港を手掛けたヘルムート・ヤーンの所属するMurphy/Jahn事務所が手がけました。言われてみれば、スワンナプームにかなり似ていますね。


第4位 ドーハ・ハマド国際空港

▲第4位は、2014年に開港したばかりのカタールの首都ドーハのハマド国際空港です!この空港はカタール航空のハブ空港として旧ドーハ空港を移設する形で作られましたが、最近だとアラブ諸国との国交断絶によって苦境に立たされています。ただ、空港としては本当にカッコイイんで、4位にランクイン!ターミナルのど真ん中に鎮座する巨大なテディベアがマスコットです。

▲メインの細長く伸びるコンコース。奥まで吸い込まれてしまいそうな感じです。両側の天井近くにある構造物はなんと……

▲ピープルムーバー(トラム)なんです!通常、空港のピープルムーバーは地下鉄になっていたり、あるいは屋外に設置されることが多いのですが、それをターミナル内に設置して一つの見世物として活用している点が素晴らしいです。建築デザインはHOK事務所が手がけました。


第3位 深セン(深圳)宝安国際空港

▲第3位は深セン宝安国際空港です!広々とした空間を覆い尽くす無数に穴の開いた天井!何本もの巨大な柱!建築デザインは、マッシミリアーノ・フクサスです。カッコイイ!

▲ただ、ちょっと困ったことが……。滑走路やエプロンの様子が全く見えないんです(笑)。飛行機ファンにとっては、ここは大きなマイナスかもしれません。

▲それでも、建築としてはとても面白いですよ。天井が波打っていたりして、この世のものとは思えない空間に仕上がっています。


第2位 マドリード・バラハス空港第4ターミナル

▲第2位は、アドルフォ・スアレス・マドリード・バラハス空港の第4ターミナルです。この空港の一番の見所は、やはり虹色に塗り分けられたコンコースの巨大な柱でしょうね。私、これを見るためにわざわざマドリードまで行ってきました。

▲ウッディな天井と、無機質な床面、そして鮮やかに塗られた柱が絶妙なコントラストを成していて、カッコイイ!

▲チェックインホールのウネウネとした天井も見応えがあります。このターミナルはかなり巨大なので、歩きまわっているとくたくたになります。建築デザインはリチャード・ロジャースです。


第1位 デトロイト空港マクナマラ・ターミナル

▲栄えある第一位に輝いたのは、デトロイト空港のマクナマラ・ターミナル(デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港エドワード・H・マクナマラ・ターミナル)です。そう、屋内ピープルムーバーの元祖(←おそらく)がこれです。第4位でご紹介したハマド国際空港は、デトロイトの二番煎じでしかありません!

▲マクナマラ・ターミナルのコンコースは端から端まで約1.5kmもあり、その巨大なコンコースの移動手段としてピープルムーバーが活用されています。ターミナルの内装の白と、真っ赤に塗られた車両が大変印象的です。

▲もう一つの見どころが、マクナマラ・ターミナルのメインターミナルとサテライトを結ぶ地下通路です。「光のトンネル」と呼ばれており、色鮮やかなライトアップが刻々と変化するのが大変きれいです。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿