スポンサーリンク

世界最古のカフェ「フローリアン」で優雅なカフェタイムはいかが?@ヴェネツィア・サンマルコ広場

イタリアの街にはカフェが多いことはよく知られていますが、どうせ行くなら世界最古のカフェに行ってみたくはありませんか?現存する世界最古のカフェは、水の都ヴェネツィアにあります。今回は、その世界最古のカフェ「フローリアン」をご紹介します。

–>

▲世界で最も美しいと言われる、イタリアはヴェネツィアのサンマルコ広場。確かに、整然と並んだ白い列柱が三方を取り囲み、いかにも「ヨーロッパ的」で理知的な広場です。ヨーロッパ的な価値観からすると、こういった「隅々まで人の支配が行き届いたもの」が理想とされるのだなと実感します。

▲さて、お目当てのカフェ・フローリアンは、南側の回廊の一角に店を構えています。創業は1720年。現存するカフェの中では世界最古なんだとか。それ以来ずっとこの場所で営業してきました。

▲店構えが時の重みを感じさせてくれますね。敷居が高そうな雰囲気が漂ってくるので、中に入るのには少しばかり勇気がいるかもしれません。しかし、ここは高級レストランではなくカフェですし、店内もカジュアルな人がたくさんいました。そのため、Tシャツにハーフパンツというかなりラフな格好の私でも、暖かく迎えて入れてくれましたよ。

▲店内は豪華そのもの。宮殿かよ!東洋から来たオッサンが使うには、大変恐縮してしまうような本当に素晴らしい内装です。

▲特に、天井や壁面の装飾は見ごたえがあり、仮に日本にこんなのがあったら国宝になっているんではないでしょうか。そんな国宝級の施設に、誰でも気軽に入れてしまうということに、イタリアの懐の深さを感じずにはいられません。

▲しかし、その分お値段もお高い(笑)。エスプレッソが1杯6.50EUR。イタリアの一般的なカフェの倍以上のお値段ですね……

▲ここまで来たんだから、ちょっと贅沢なコーヒーを飲もうと思い、「ビチェリン」をオーダーしました。12.50EUR也。ビチェリンとはトリノ発祥のコーヒーで、エスプレッソとホットチョコレートを混ぜたものの上に、泡立てたミルクをのせていただきます。クッキーと一口チョコ、お水とともに提供されました。ビチェリン、ふわふわで美味し!

コーヒーの他にもアルコールや軽食なども提供してくれるので、ヴェネツィア散策に疲れた際には、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。店内の内装に圧倒されながらいただくコーヒーは、きっといい思い出になると思います。