スポンサードリンク

2017年4月15日

キンキラキン☆トランプタワーに潜入してみた!

今、ニューヨークで最も注目を集めているスポットの一つが、ここではないでしょうか。そう、大統領の名を冠した「トランプ・タワー」です。この超高層ビルは、言わずもがな、トランプ氏が所有するニューヨークでも指折りの高級物件で、最上階はトランプ氏の私邸になっており、中間部のマンションにはスーパーセレブが入居するという、それはそれは一般庶民とは無縁の世界です。

先日、このトランプタワーに、物見遊山でちょっとだけお邪魔しちゃいました。今回はその時のレポートです。



スポンサードリンク

トランプタワーが観光スポットに!

▲トランプタワーはニューヨークの5番街という超一等地にあります。トランプ氏が大統領に当選した直後はタワーの前でデモが行われていたようですが、私が訪れた頃にはすでにその名残もほとんど感じられず、至って平和でした。逆に、5番街を行き交う観光客の殆どが、トランプタワーの前で足を止め写真撮影くらい落ち着いていて、むしろニューヨークの観光スポットの一つになっているようでした。

▲とは言え、やはり警備は厳重で、エントランス横では自動小銃を構えたニューヨーク市警の特殊部隊(?)2名が常に監視しており、私がバッグの中からカメラを取り出そうとすると、彼らはその動きをずっと凝視していました。威圧感ありますね。ちょっとでも変な動きをしたら、撃たれてしまうんではないでしょうか。

そういうこともあって、記念撮影をした観光客の殆どが、トランプタワーの中には入れないと思い込みそのまま素通りしてしまうのですが、実はトランプタワーの一部は一般に開放されています。バーやカフェなどのテナントが入っていて、自由に出入りできるんです。

▲中に入っているテナントを見てビックリ!全部「トランプ」なんです!トランプ・バー、トランプ・グリル、トランプ・カフェ、トランプズ・アイスクリームパーラー、ザ・トランプ・ストア、トランプ・イベンツ。ひょえ~!ここまでやるか!この自己顕示欲の凄まじさにドン引きしてしまいました。


内部に潜入!まばゆい光で目が痛い!

▲エントランスにてX線手荷物検査を受けて入場しました。うわぁ~!一面キンキラキンです!目が痛い!目がなれていないと、本当にめまいを起こしてしまいそうになりますよ。

▲トランプタワーの中央部には吹き抜けのアトリウムがあり、黄金に輝くエスカレーターが併設されています。このエスカレーターがダイナミックで、かなり見ごたえがありました(笑)。


アトリウムのフードコートで一休み

▲アトリウムにはフードコートがあります。ただフードコートの壁に上から水が流れて豪華な滝になっているし、一般的なフードコートの雰囲気はここにはありません。

▲トランプ・カフェを除いてみました。なかなかのものが売っているではありませんか。鮮やかすぎるマカロンだけはちょっと抵抗感がありますが。

▲トランプズ・アイスクリームパーラーでアイスクリームを頂いてみることにしました。シングルで4ドル、ダブルで6ドル。お値段的にはやや高めなのでしょうか?ニューヨークの物価がわからないので判断できませんが、日本の感覚だとダブルで約660円は高いですよね。

▲ソルティッド・キャラメル(Salted Caramel)とピーナツバターのダブルにしてみました。オススメはソルティッド・キャラメル。味がしっかりしていて、程よい塩加減が甘さを引き立ていました。ピーナツバターはややあくどいかな。

お土産にいかが?トランプグッズ

▲さて、何かおみやげになりそうなものを探してみましょう。おおっ、イヴァンカ・トランプのジュエリーショップがあるではありませんか!お高そう~

▲ジュエリーはパスして、地下のトランプ・ストアに行ってみました。ここではトランプグッズを購入できます。

▲Tシャツや…

▲キャップ…… その他、いわゆるスヴニールがたくさん売られていました。

▲私の一番のお気に入りがこれ。ふさふさの前髪付きマグネット(笑)。これ、トランプ氏本人の許可は取ったのかしらん(笑)。

トランプタワーはキャラが濃ぎるスポット

トランプタワーは、色んな意味で濃すぎます。360度トランプ、トランプ、トランプ……。トランプ支持者も、アンチトランプの人も、一度訪れてみてはいかがでしょうか。トランプという人物がどういう人なのか、垣間見えてきますよ、たぶん。


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿