スポンサードリンク

2017年2月17日

氷のエレクトリカルパレードや!ハルビンの氷雪大世界がすごすぎる!【ハルビン氷祭りvol.3】

行ってきましたよ、ハルビンの氷雪大世界!すごかった~~~!!!きらびやかでファンタジック!まさに「氷のエレクトリカルパレード」といった感じでした!

さっぽろ雪まつり、ケベックウィンターカーニバルと並んで世界三大雪まつりと称されるハルビン氷祭りは、兆鱗公園、太陽島公園、そして氷雪大世界という3つの主要会場から成っています。この中でも、最も規模が大きくかつブロックバスターなのが、今回ご紹介する氷雪大世界です。
氷雪大世界は、ハルビンを流れる松花江の中洲の西側にあり、ハルビン中心部からはかなり距離があり、アクセス方法は自ずとバスまたはタクシーに限られてしまいます。もちろん中心部から徒歩でアクセスすることも可能ですが、極寒のハルビンを1時間半ほども歩き続けるのはお勧めしません。



スポンサードリンク

氷雪大世界に行くなら絶対夜がおすすめ!

▲氷雪大世界に行くなら、日が落ちてからが絶対オススメです。氷のオブジェがライトアップされ、ファンタジックに光り輝くのです!エントランスから、もうこの派手さ!入場料は330元(約5,500円)と超高額なのですが、それでも訪れる価値はあると思います。

▲ドドーンとそびえる氷のモニュメント。巨大です。内側から光り輝いていて、近未来的でもあります。周囲の氷の建造物全てが光り輝いていて、まるでこの世のものとは思えないふわふわした感覚になります。以下に写真を列挙してみますね。


氷雪大世界のオモシロアクテビティ

▲会場には氷を使ったアクティビティも用意されています。こちらは氷の滑り台。ツルッツルで、スピード出そうですね。

▲その大型版がこちら。デカイ!

▲こちらは氷の巨大迷路。迷わずに抜け出せるかな?

▲これは何?ソリの付いた自転車?結構楽しそうですね。

▲そして、目を疑ったのがこちら。本物のトナカイのそりです!でもなぜかクリスマス仕様(笑)。もう2月だというのに……

▲会場には、巨大な菩薩の雪像も作られていました。参拝するには、氷でできた太鼓橋を渡らなければなりません。絶対滑って転びそう。

▲氷雪大世界は、とにかく半端ないスケールで、圧倒されること間違いなしです。さっぽろ雪まつりが子供だましに見えてしまうほど、スケールが桁外れ。これはすごいですよ。

会場は広大で、東京ドーム数個分というレベルの広さなので、ぐるっとひと回りするだけで1時間かかりました。足元は滑りやすいところもあり、注意が必要ですね。さらに、寒さは尋常ではなく、身の危険を感じるほどです。耳あてやマスク、手袋を着用し、耳、鼻先、指先などの末端を必ず保護してください。

それでも、この凄さは体験する勝ちがあると思います。絶対におすすめです!

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿