スポンサードリンク

2017年1月4日

ここは砂漠のオアシスか!グランドハイアットドバイがすごい!

新年あけましておめでとうこざいます。本年もよろしくお願い申し上げます。2017年最初の記事は、景気良く、ドバイのラグジュアリーホテルの宿泊レポートをお送ります。

ドバイには、世界の名だたるホテルチェーンがホテルを構えていますが、ホテルの巨大さ、施設の充実度ではグランドハイアットドバイは5本の指に入るのではないかと思います。というのも、カラカラに乾いた砂漠の真ん中に、大量の水を惜しげもなく使って密林を作ってしまったのです!やることが、とんでもないですよね。一体どんなホテルなのでしょうか。



スポンサードリンク

砂漠の中とは思えない豪華さ!屋内庭園がすごい!

▲こちらがグランドハイアットドバイ。ドバイ国際空港からタクシーで15分ほどの好立地で、トランジットの際に利用する人も多いとのことです。

▲ホテルに入ると目に飛び込んでくるのがこちら。まるでジャングルのような巨大な室内庭園です。人工の小川が流れており、その周りに本物の木々が植えられています。天井にはダウ船の船底を模したという巨大なオブジェが4つ、備え付けられています。

快適すぎる室内

▲私が宿泊したのはこちらのスタンダードなお部屋でした。スタンダードではあるものの、広々としており、さすがはグランドハイアットといったところ。高級感は漂いつつも、決して華美ではなく落ち着いています。

▲ベッドの正面には、大きめのキャビネットに、これまた大きなライティングデスクが置かれています。ただ、液晶テレビが小さくて、部屋の雰囲気に馴染んでいないのが残念でした。このサイズのお部屋ならば、50インチ位のテレビがほしいところです。

▲アームチェアにどっかりと座って、足を投げ出してぐうたらするのが、至福のひとときです。

▲ミニバーの内容も充実しており、不自由はありません。室内で宴会ができるレベルです。もちろん電気ポットやグラスなども備わっています。

▲ドア横には、ウォークインクローゼットがあります。広々としていて、たくさん荷物を置くことができます。

バスルームも豪華!

▲バスルームをチェックしてみましょう。壁全面の大きな鏡とピカピカに磨かれたシンク。2名が同時に利用できるように2つ備わっています。その右側にはシャワールーム、左側にはバスタブが配置されています。

▲アメニティグッズにもグランドハイアットの心配りがみられます。

▲シャワーブースは、アラブらしくモザイクタイルがあしらわれていました。スペースも十分に確保されていて、思いっきりシャワーできます(笑)。

▲反対側にはバスタプもあります。砂漠の中でお湯に浸かってリラックス。なんて贅沢なことでしょうか!

フィットネスもプールもすごい!

▲フィットネスの設備も充実しています。この部屋の隣に、もう一箇所同程度の規模のフィットネスルームがありました。専属のトレーナーも複数名常駐しており、なんとも贅沢ですね。そのほか、更衣室の脇にはかなり規模の大きなサウナもあります。

▲プールもすごいんです。屋内プールはもちろん、巨大な屋外プールも備えています。写真に写っている屋外プールはほんの一部で、全体ではこの4倍ほどの広さがあります。プールというよりも、もはや「池」。砂漠のど真ん中で、これだけの水を惜しげもなくプールに使うことほど贅沢なことはないのではないでしょうか。

▲窓からは、世界一の高さのブルジュ・ハリファを眺めることができました。ただ、細かい砂が漂っているようで、ぼんやりと霞んででしまっていました。外は過酷な環境なのでしょうね。一方、グランドハイアットの中は天国のように快適ですよ。

グランドハイアット・ドバイ

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿