スポンサーリンク

名古屋・大阪⇔パリ・ローマが3万3千円!3月の中国南方航空が安い!

中京圏、京阪神圏にお住まいの方に朗報です!来年の3月のパリ・ローマ行きのチケットが、なんとコミコミ3万1千~3万3千円台で売り出し中なんです!

利用エアラインは、中国南方航空で、乗り継ぎが2回ほどあるのですが、この安さを考えれば許容できるのではないでしょうか。ただし、乗り継ぎを考えると、旅慣れていない方にはお薦めはできません。それをご理解いただいた上で、詳細を見てみましょう。

今回ご紹介するチケットは、中国南方航空の公式サイトからのみ入手可能です。検索窓に、出発地(名古屋・大阪)、目的地(パリ・ローマ)、そして往路復路それぞれの日付(2017年3月のいずれか)を入力し検索してみましょう。

名古屋⇔ローマが31,910円~

例えば、往路名古屋発3/10、復路ローマ発3/21で検索してみますと……なんと、31,910円という激安チケットが出てきました!衝撃プライスです。

▲ルートはというと、名古屋⇔上海浦東⇔武漢⇔ローマとなっており、上海浦東と武漢の2回の乗り継ぎが必要です。幾分面倒ではありますが、値段を考えればアリでしょう。

名古屋⇔パリが33,160円~

続いて名古屋⇔パリも見てみましょう。往路3/1、復路3/10で検索してみますと……33,160円という、リーズナブルすぎるチケットが出てきました。

▲こちらは、名古屋⇔上海浦東⇔広州⇔パリというルートです。こちらも2回の乗り継ぎですので少々面倒くさいですね。ただ、3万円台前半でパリまで行けてしまうのは、やはりオイシイですよね。

関空⇔パリが33,630円~

最後に、大阪関空⇔パリについても見ておきましょう。往路3/2、復路3/10で検索すると……33,630円!これも安い!

▲ただ、こちらは更に面倒なことになっていまして、往路は「関空→上海浦東→広州→パリ」というルートなのですが、復路が「パリ→広州→上海虹橋(→空港移動→)上海浦東→関空」となっています。復路の上海間の空港移動があるので更に面倒なことになっています。ただ、上海虹橋と上海浦東の両空港間はメトロ2号線でつながっていて1時間ほどで移動できますし、フライトの乗り継ぎ時間も長いので上海にホテルを取ってプチ観光してしまいましょう。

中国南方航空の3月ヨーロッパ線は買い!

中国南方航空のサイトを漁っていると、ヨーロッパ線の3万円台のチケットがゴロゴロ転がっていますよ!ちなみに、検索の際に【日付変更可能範囲(+/- 3 日)】にチェックを入れてから検索すると、激安チケットが見つかりやすいです。春休みなどで時間がある学生さんなどにおすすめです!