スポンサードリンク

2016年11月15日

JALビジネスクラス提携のカンタス航空ラウンジがすごい!@香港国際空港


こちらは、香港国際空港のカンタス航空のラウンジです。JALの提携ラウンジなっており、ビジネスクラスを利用される方はこちらのラウンジを利用することになります。

このラウンジスタイリッシュでサービスも充実しており、ラウンジ内にこのようなお洒落なバーカウンターがあるんです!フライト前にカクテルを一杯なんてこともできちゃいます!今回は、カンタス航空ラウンジの充実ぶりをご紹介します。




▲カンタス航空ラウンジは、第1ターミナルの15番ゲート付近のエスカレーターで、一つ上のフロアに上がったところに位置しています。オープンエアスタイルで天井がなく、とても開放感があり、外光か差し込んできて大変気持ちのよい空間に仕上がっています。エプロンの様子も手に取るようにわかるので、飛行機ファンにとっても居心地のらいいラウンジになっています。写真では全景を捉えることができていませんが、ラウンジはこの何倍も広くなっています。

▲ラウンジ内にはこんな豪華なバーも設けられています。バリスタ(兼バーテンダー)さんが常駐し、コーヒーやアルコールを提供してくれます。カフェラテをオーダーしましたが、ご丁寧にラテアートを施してくれました。

▲こちらはダイニングエリア。広々としていて、一席あたりの占有スペースも十分ですね。オープンエアスタイルのラウンジだと、往々にして出発フロアのノイズが耳についてしまうことがあるのですが、このラウンジは第1ターミナルの中でもあまり人の利用の多くない場所にあるので、全く気になりませんでした。

▲ビュッフェをチェックしてみましょう。今回は午前中にラウンジを訪れたので、ブレックファストが用意されていました。スクランブルエッグにハーブソーセージ。

▲一口餃子に肉じゃが。このあたりは、JAL便の日本人客を意識したラインナップになっていますね。ただし、肉じゃがは煮込み具合がいまいちであまり美味しくありません。

▲どれをいただこうか迷ってしまうほどペイストリーも豊富です。

▲ヨーグルトにコーンサラダ、そしてフルーツサラダ。フルーツの彩りが大変きれいで美味しそうです。

▲その他にシリアルや白米、柴漬けやたくあん、味噌汁なども用意されていました。白米や味噌汁は明らかに日本人向けでごはん派の私としては大変嬉しいのですが、何分ご飯に合うおかずがありません。残念。とは言え、全てぺろりと美味しくいただきましたが。

▲さて、シャワールームもチェックしてみましょう。広々としていて大変使いやすくなっています。清掃も行き届いていてピカピカです。

▲洗面台まわりもピカピカです。白だと汚れがよく見えるはずですが、一切見当たりませんでした。

▲ただ、シャワーはレインシャワーのみでした。ハンドシャワーがあれば便利なのですが……

とにかく、香港国際空港のカンタス航空ラウンジは素晴らしいラウンジだと思います。JALのビジネスクラス利用者の指定ラウンジとなっており、日本人向けのサービスを受けられるのもGood。フライト前のリラックスにはうってつけだと思います。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿