スポンサードリンク

2016年10月14日

台北・永康街で小腹がすいたら「天津蔥抓餅」はいかが?

台北のグルメスポットとして人気のある永康街。今回は、その永康街でも人気の葱餅のお店をご紹介します。

この葱餅、正確には「蔥抓餅」というのですが、中国語に詳しくないため正しい発音はよく分かりません。あしからず。小麦粉の生地に葱などの具材をトッピングし、鉄板で焼き上げたもので、語弊はあるかもしれませんが、いわば台湾のお好み焼きといえばだいたい想像していただけるでしょうか。

ま、とにかく、葱餅は素朴な味がして結構美味しいんです。小腹がすいたときにはちょうどいいおやつなんです。

▲天津蔥抓餅はMRTの東門駅を出て、永康街に入って100mほどのところにあります。有名店なので、たいてい先客が数名いると思います。

▲天津蔥抓餅の真正面には、マンゴーかき氷で有名な思慕昔があります。こちらは四六時中行列ができている人気店なので、待ち時間に向かいの天津蔥抓餅の葱餅を試してみるのもいいかも。

▲葱餅、安いんです!オリジナル味はなんと一つ25元、約80円!その他に卵トッピング(加蛋)が30元、台湾バジルと玉子トッピング(九層塔加蛋)が35元、ハムと卵(火腿蛋)が40元、チーズと卵(起司蛋)が40元、全部入り(總匯)が50元となっています。

▲天津蔥抓餅では、おばさんが黙々と葱餅を焼いています。その手際の良さは、まさに職人レベル。生地を薄く丸くのばして焼き始め、その上に葱や各種トッピングをし、ひっくり返して出来上がり!

▲葱餅、頂きます!外はカリカリ、中はふわふわ、一口噛むと程よい油が口の中にじゅわっと広がり、美味!飾り気のない素朴な味ですが、だからこそ秋が来ずにパクパク行けてしまいます。永康街に行く機会があったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿