スポンサードリンク

2016年10月10日

イスタンブール観光に欠かせない!メトロ・トラムなどがお得に利用できるイスタンブールカードの購入方法&市内アクセス

西洋と東洋が入り交じる古の都イスタンブールは、非常に印象深い街です。街を少し歩くだけで、小さな発見や驚きがあり、飽きることがありません。今回は、そんなイスタンブールの街歩きに是非活用していただきたいオトクな交通カード、イスタンブールカードをご紹介します。

イスタンブールカードって何?

イスタンブールカードは、日本のIC乗車券と同様の、チャージ式の運賃支払用電子カードです。端末にカードを触れるだけで、メトロや路面電車(トラムヴァイ)、バス、フェリーなど、市内の殆どの公共交通機関を利用できます。

イスタンブールカード本体は6リラ(これは返金されません)で、これに加えて任意の額をチャージすることができ、手軽にサクッと利用することができます。しかし、イスタンブールカードのメリットはこれだけではありません。なんと、各交通機関の割引が受けられるのです!


イスタンブールカードを使わずその都度料金を払うと(ジェトンと呼ばれるトークンを購入します)、メトロやトラムヴァイ、バス、フェリーなどの交通機関にかかわらず、1回の利用につき4リラかかります。しかし、イスタンブールカードを使えば、この4リラが2.30リラに割引されるのです!

ということは、カード本体の6リラを考慮しても、メトロやトラムヴァイ、バス、フェリーなどを4回以上利用すれば簡単に元が取れる計算になります。旧市街と新市街の移動や、ヨーロッパ側とアジア側の移動など、公共交通機関を利用する機会は多く、4回の乗車なんてあっという間です。

更に凄いのが、1時間以内の乗り継ぎをするごとに割引額が増していくということです。初回乗車料金は2.30リラですが、1回乗り継いだ後の乗車料金が1.65リラに、2回乗り継いだ後の乗車料金が1.25リラに、3回目以降の料金が0.85リラにまで割引されます(⇒料金詳細)。

空港~市内の移動では、乗り継ぎが1回必要です。通常ですと4リラ+4リラ=8リラ(往復16リラ)かかりますが、イスタンブールカード利用だと、2.30リラ+1.65リラ=3.95リラ(往復7.90リラ)となり、なんと半額以下になってしまうんです!カード本体料金6リラを考慮したとしても、イスタンブールカードを使ったほうが圧倒的にお得なんです!

イスタンブールカードはどこで買えるの?

イスタンブールカードは、街中の売店や駅・停留所の自動券売機などで購入可能です。しかし、旅行者にとって最も手っ取り早い購入場所は、アタテュルク国際空港のメトロ乗り場でしょう。
▲空港駅の改札口手前にはこのような小さなブースがあり、イスタンブールカードが販売されています。スカーフをかぶった売り子の年配の女性は、トルコ訛りながらも英語が出来ますので、「ワン・イスタンブールカード、プリーズ!」とか言えばなんとか通じます。イスタンブールカード本体は6リラですが、それに加えて好きな額をチャージしてもらうこともできます。10リラほどチャージすれば十分でしょう。おまけに、プラスチック製のカードホルダーももらえました。

空港から市内へはどうやって行くの?

▲では、アタテュルク空港からイスタンブール中心部までのアクセス方法をざっと見ておきましょう。まず、空港からメトロM1A線(赤)に乗り、ゼイティンブルヌ(Zeytinburnu)駅で下車します。そこで路面電車(トラムヴァイ)T1線(濃青)のカバタシュ(Kabataş)方面行きに乗り換えましょう。トラムに揺られて30分ほどで、グランバザールやブルーモスクなどがある旧市街に到着します。更にそのまま乗り続ければ、新市街にもアクセス可能です。(⇒イスタンブール路線図

▲では早速、空港駅から旧市街に向かいましょう。こちらがメトロM1A線の改札です。自動改札になっていて、利用方法も日本のものと大差ありません。

▲日本のIC乗車券と同じ要領で、先ほど購入したイスタンブールカードを自動改札にタッチしましょう。

▲メトロの車両がこちら。無骨だけどちょっとかわいいかも?

▲車内は少々狭め。大きなスーツケースを抱えていたら、車幅の半分くらい占領してしまいそうです。

▲空港を出発し、およそ20分弱でゼイティンブルヌ駅に到着です。一旦メトロの改札を出て、真正面にあるトラムT1線の改札から再入場しましょう。

▲こちらかゼイティンブルヌ駅のトラム乗り場です。乗換駅というだけのことはあって、やはり利用者が多いですね。旧市街に行くのはカバタシュ(Kabataş)方面行きです。間違って反対方向のトラムに乗らないようにしましょう。

▲トラムに揺られること30分、イスタンブールの中心部にやってきました!停留所にも自動改札が設置されているので、イスタンブールカードをピッと触れましょう。

グランバザールへはBeyazit Kapalıçarşı停留所で、ブルーモスクやアヤソフィア、トプカプ宮殿へはSultanahmet停留所で降りると便利です。それにしても、ブルーモスクの大きさに圧倒されますね!広場では、名物のゆでトウモロコシや焼き栗が売られていて、大変活気があります。

また、その先のギュルハネ停留所周辺には雰囲気のあるプチホテルが集まっていて、トルコらしいステイを楽しめますし、エミノニュ停留所ではアジア側に渡るフェリーに乗れますし、名物のサバサンドも楽しめます。

イスタンブールカードを使い倒して、イスタンブール観光を満喫しましょう!

イスタンブールカード公式サイト
イスタンブールメトロ公式サイト

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿