スポンサードリンク

2016年7月1日

ドイツ旅行にはT-mobileのデータ専用プリペイドSIM「データ・スタート・フラットM」がおすすめ!たったの9.95ユーロ!

海外の渡航先で、スマホのデータ通信をどうするかは、結構厄介な問題ですよね。一時期「パケ死」という言葉があったように、日本のSIMを入れたまま現地でデータ通信を行うと、料金がかなりの高額になってしまうのでオススメできません。また、モバイルWi-fiを借りるという手もありますが、中長期の旅行だとそれでもかなりの額になってしまいます。

そこで当ブログでは現地のSIMを購入し、それをSIMフリー端末に挿して運用することを推奨してきました。今回は、ドイツのT-mobileの「データ・スタート」というプリペイドSIMのプランをご紹介します。

私は、海外旅行に行く際にスマホを2台持っていくようにしています。1台は日本でメインに使っている端末で、SIMを入れ替えたりせずにそっくりそのまま現地に持って行きます。ローミングをして、通話はこちらで済ませています。

2台目は海外専用に使っているSIMフリーの端末で、こちらに現地で調達したSIMを入れ、データ通信専用で使います。テザリングをすれば1台目の端末でもデータ通信が可能になり、日本で使うのと遜色のない通信環境を得る事ができます。

さて、今回のドイツ旅行ではデータ通信のできるプリペイドSIMを購入し、このやり方でデータ通信を行いました。出先でグーグルマップやドイツ鉄道のアプリを使えるので、本当に重宝しました。

私が事前に目をつけていたのが、T-mobileの「データ・スタート」というデータ通信専用のプランです。「データ・スタート」はLTEによる高速データ通信が可能で、.大手のT-mobileが提供しているのでカバーエリアも充実しています。

「データ・スタート」には以下のようにS、M、Lの3つのプランがあります。
  有効期間 高速通信容量 価格
Data Start Flat S 1日(24時間) 500MB 
2.95EUR
Data Start Flat M 1週間(7×24時間) 750MB 
9.95EUR
Data Start Flat L 1ヶ月(30×24時間) 1GB 
14.95EUR
今回ドイツには5日間の滞在する予定だったので、Mを購入してみました。これは、有効期間が一週間、高速通信容量が750MBで、価格が9.95EURと、旅行者にはとても利用しやすいプランでした。容量が750MBだと少ないと感じる方も知るかもしれませんが、ホテルのWi-fiや街中のフリーWi-fiを使えば、750MBでも十分です、というか余ります。

今回は、ケルンのテレコムショップ(T-mobileの直営店)で購入しました(⇒GoogleMaps)。スタッフに購入内容を伝え、パスポートなどを提示して手続きをすれば、ものの20分程度で使えるようになりました。旅行者にはわかりにくいSIMのアクティベーションなども全てスタッフが行ってくれましたし、「データ・スタート」は面倒なアクセスポイントなどの端末設定も全く必要なく、SIMを差し込めばすぐに使えて大変便利でした。

ということで、ドイツでのデータ通信にはT-mobileの「データ・スタート」がおすすめです。テレコムショップは、主要都市ならば必ず街の中心部にあるので入手に困ることはないと思います。(こちらのページで都市名を検索すれば、その都市近辺にあるテレコムショップが表示されます。)うまく活用して、快適なドイツ旅行にしましょう!

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


0 件のコメント:

コメントを投稿