スポンサーリンク

斬新!この発想はなかった!ロフトベッドを備えた那覇の格安ホテル「ホテル・ストーク」

シャワーブースの上にロフトベッドが!こんなホテル、見たことがありません!

▲今回ご紹介するのは、沖縄・那覇のおもろまち駅から歩いて10分程度のところにある、ホテル・ストークです。このホテルの特徴は、何と言ってもその部屋の構造にあります。ロフトベッドを設けることで一部屋あたりの専有面積を小さくし、その分価格も低めに抑えてくれているのです。必要な物がコンパクトに収められていながら、1泊5,000円程度!このホテル、なかなか使えますよ!

▲部屋の広さは4畳ほどでしょうか。ドアを入ると手前にデスク、奥に洗面台、シャワー、トイレが一つにまとまったブースがあります。そのブースの上がロフトベッドになっていて、梯子がかけられています。小型冷蔵庫やドライヤーもあり、ビジネスホテルの部屋にあるほぼすべての機能が、この4畳の部屋の中にコンパクトに収められています。

▲ロフトの上に上がってみました。ベッドは一人が寝るには十分な広さがあります。ただ、天井が目の前に迫ってきてやや圧迫感があることは否めません。

▲ロフトベッドには電源コンセントや照明スイッチが設置されています。これで、事あるごとに梯子を昇り降りしなくて済みます。

▲ロフトベッドと同じ高さになるように、壁側に液晶テレビが設置されていました。これも、利用者のことをよく考えた配置ですよね。ただ、リモコンは下のライティングデスクの上に置かれていましたが。

▲このアングルから見ると、この部屋の作りがよくわかると思います。ドアの真上にテレビが有るホテルは、多分ここだけ(笑)。

▲シャワー、および洗面台は非常にシンプルで、コストを抑えているのがよくわかります。特に、シンクはあまりにも業務用チックで、ちょっと残念。

▲常備のアメニティとしては、ボディソープとシャンプーがありました。また、ボディスポンジと歯磨きセットはフランとで配られていました。

▲シャワーカーテンをめくるとトイレがありました。シャワーカーテンで水しぶきは防げるものの床面に仕切りがないので、シャワーの水がトイレ部分に浸入するのではと思います。東南アジアの安宿ではこういった構造のシャワーとトイレが一つにまとめられたものをよく目にしますが、私としてはこれは苦手です。いっそのこと、トイレとの間に間仕切りを作ったほうが良かったと思うのですが……

とはいうものの、ホテル・ストークは価格に対する満足度は高く、各種サイトで高評価を得ているのもうなずける気がします。観光で那覇に滞在するのにはおすすめしませんが、それ以外の目的で泊まるのには、ホテル・ストークはかなり使えると思います。

ホテル・ストーク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする