スポンサーリンク

3,000円で泊まれる!ホイアン(ベトナム)の「リバーサイド・オアシス・ヴィラ」が超おすすめ!

世界遺産になっているベトナムの中部の古都ホイアン。日本では名が知られているわけではないこの街には、欧米人を中心に多くのリゾート客が訪れます。

そんなホイアンの宿の中から、今回はコストパフォーマンス最高のプチホテル「リバーサイド・オアシス・ヴィラ」をご紹介します。このホテルは1泊3,000円~という超低価格ながら、客室数は10ほどしかなくで静かで、南国ステイを満喫できる超おすすめです!

▲リバーサイド・オアシス・ヴィラは、ホイアンの中心部とクアダイビーチのほぼ中間という、いずれに行くのにも便利な場所に位置しています。ホテルの正面は、拍子抜けするくらいリゾートらしさがありません。大丈夫かな……?

▲チェックインを済ませ、ポーターさんの後について中庭に入ると、突然目の前にプールが現れました。ヨーロッパから来たと思しき白人さんたちが、デッキ・チェアに横たわって日光浴をしています。あ、こりゃ、正真正銘のリゾートですわ。

▲さて、客室チェック!今回アサインされた部屋は、3階の角部屋でした。残念ながらエレベーターはありませんが、建物自体が3階建で、荷物もポーターさんが運んでくれるので、さほど不自由はありません。

客室は木製フローリングで、入室の際はドアの前で靴を脱ぐのがマナーのようでした。ポーターさんは靴を脱いで部屋に入っていましたし、他の部屋を見ても、ドアの前に靴が並んでいました。

室内は3,000円とは思えないくらいに広く、ベッドも大きい。清掃が丁寧になされていて、快適でした。もちろんクーラーも完備されており、外の暑さとは対照的にとても涼やかです。

▲ベッドの正面にはライティングデスクや液晶テレビがありました。残念ながら日本語放送は受信できません。

▲デスクの上には、すでにスナック菓子やワインも準備済みです(有料)。また、冷蔵庫の中には各種ビールなどが冷えていました。

▲窓際には木製のスツールが置かれ、ティーセットも用意されていました。心憎いもてなしですね。

▲さて、水回りもチェック。清掃が行き届いていて、綺麗ですね。

▲シャワーは、固定式のレインシャワーでした。欲を言えば、ハンドシャワーが欲しいところですが、料金を考えれば全然問題にはなりません。

▲さて、翌日の朝食はこのホテルの名前の由来にもなっているリバーサイドの庭でいただきました。

▲朝食はアラカルトメニューで、オーダーしたものを作ってもらえます。トーストなどもありましたが、せっかくベトナムに来ているのですからフォーを作ってもらいました。本場のフォーの美味しいことといったら!鶏ガラスープとパクチーの相性もよく、朝からぺろりと平らげてしまいました。

ドリンクにはマンゴージュースと濃い目のコーヒー、さらにデザートにパッションフルーツとスイカ。やはり南国だけのことはあり、フルーツはとても美味しいですねぇ!もう大満足でした。

リバーサイド・オアシス・ヴィラ
(↑じゃらんで使える最大10,000円引きのクーポンはここでゲット!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする