スポンサーリンク

地引き網漁に挑戦!朝のダナンのビーチが超絶面白い!

東南アジア有数のビーチリゾートとして、最近注目を浴びているベトナム中部の都市ダナン。その代表的なビーチのひとつ、ミーケービーチは遠浅の砂浜が延々と数キロメートルに渡って続いていて、ビーチライフを楽しむ観光客に人気があります。

しかし、実はミーケービーチは朝が一番面白いんです。日中にダラっとビーチで過ごすだけでは勿体無い!今回は、その朝の様子をご紹介します。

ダナンのビーチは真東に向いているため、ビーチからは綺麗な朝日を拝むことができます。水平線から登る朝日を見に、まだ暗いうちにミーケービーチに向かいました。

▲すると、こんな早朝にもかかわらず、人が集まって体操をしているでは貼りませんか!まだ朝5時前ですよ!ダナンの人は、朝が早いですねぇ。

▲ビーチは既に地元の人で混み合っていました。数百人はいるでしょうか。皆さん、波際を裸足でスタスタと歩いています。中にはジョギングしている人もいました。これが現地の人の健康法なのですね。

▲さて、空も白みかけたころ、沖合に向けて小舟が浜を出ていきます。地引き網漁の始まりです。

▲この小舟がとても簡素な作りで、素人目にはかなり心もとないんです。直径1.5mほどのボウル型の竹製のボートに、櫓が一本くっついているだけ。たったこれだけで大海原に出て行くんですよ。

▲ボートに乗せておいた網を次々とおろしつつ、櫓を器用に操って、もう彼方の沖合にまで行ってしまいました。恐るべし!

▲浜には、巨大な網の端を持った男たちが残っています。こうやってジリジリと編みの幅を狭めていんですね。

▲漁が始まってから1時間ほど。網もかなり狭められ、周囲の人達が集まってきて網引きに加勢します。見ず知らずの人でも勝手に加わっていいようでしたので、私も少しだけ参加してみました。

▲いよいよ地引き網漁も最終段階。網に入った魚を一箇所に集めます。

▲今回の取れ高はこれ。大漁なのか、期待はずれなのか分かりませんが、とにかくその意気お兄圧倒されます。半透明のシラスが多いですね。

▲とれた魚は、その場でどんどん買われていきます。

▲もう一箇所、別のところでも即売会が開かれていました。

▲こちらはカニが多いですね。一体どんなお味なのかしらん。

▲さて、地引き網漁を見て満足したのでホテルに帰ろうとしていたら、今度はおじさんが鳩の餌を撒き始めました。とんでもない数の鳩が一斉に集まってきます。

▲どうやら、結婚写真の撮影のようです。ダナンでは、鳩をバックにした結婚写真が流行っているのだとか。お幸せに!

▲そして、これが日中のミーケービーチ。地引き網漁も、鳩の記念撮影も、波打ち際を歩きまわる人もおらず、穏やかなビーチになっていました。日中のビーチにしか来ない人は、朝の賑わいを知る機会がありませんよね。これ、結構損していますよ。ダナンのビーチは、朝が面白いんです!