スポンサードリンク

2016年5月29日

ラスベガスもお得に泊まれる!カジノホテル「バリーズ・ラスベガス」

ラスベガスって言うと、皆さんはどんな印象がありますか?もちろん「カジノの本場」であるのは言うまでもありませんが、他にも「歓楽の都」、「ショービジネスの街」、「セレブ」……

何れにしてもお金持ちでなければ楽しめないようなイメージがありませんか?カジノ自体お金が相当必要な感じがありますし、ホテルもびっくりするくらい高そうですよね。

しかし実際は、決してそんなことはありません。確かに一部の超豪華なホテルなどは1泊5万~10万以上するのですが、そういったところにこだわらなければ、1泊1万円程度でそこそこいいお部屋に泊まることのできるホテルもあります。また、カジノも敷居が低く、10ドル程度から始められますし、100ドルあれば十分に楽しむことも可能です。

そこで今回は、ラスベガスの中心部のストリップに位置しながら、1泊1万円程度(オフシーズンなら1万円を切ることも)、さらに部屋も広くて快適なホテル「バリーズ・ラスベガス」をご紹介します。

バリーズ・ラスベガスは、巨大噴水で有名なベラッジオとは通りを挟んで反対側に位置おり、ラスベガスの主要なスポットに歩いていくことができます。正面にはラスベガスの目貫通り「ラスベガス・ブルーバード」が通っていて、主なスポットはこの通り沿いにあるので、アクセスが大変楽です。
▲人気の大規模ホテルであるためフロントが混みあうこともしばしば。これについては仕方ありませんね。スタッフも、事務的に次から次へとさばいていきます。サクサク進むので、5分程度でチェックイン出来ました。

▲アサインされたのはこちらのお部屋。広さは十分あり、一人で使うには勿体無いくらいでした。キングサイズのベッドの他に、ソファーセットも。

▲窓際にはライティングデスク。

▲ベッドの正面にはテレビが置かれたキャビネットとドレッサーが。この広さ、設備を考えると、日本の同程度のホテルだと宿泊費は倍くらいかかりそうです。

▲水回りも広めで、清潔。

▲バリーズのオリジナルのアメニティグッズもそろっています。

▲シャワーは、アメリカによくあるタイプのもの。シャワーヘッドは固定式なのでそこが唯一の不満ですね。一応バスタブもあるのですが、これも深さがなく、いわゆる日本的な意味での「お風呂」として使うのには向いていません。

▲さて、荷解きも一段落したので、バリーズのカジノフロアに赴きました。さすがはラスベガス、カジノの広さが尋常ではありません。端までどれくらいあるのかわからないくらい広いフロアに、スロットマシンや、ポーカー台、ルーレット台などがずらっと並んでいます。きらびやかすぎて目に痛い!

▲運試しに、20ドルを元手にスロットをやってみました。そしたらなんと、3ドルの勝ち!ビギナーズラック、恐るべし!

調子に乗って、他のホテルのカジノの梯子をしてみました。とあるホテルのスロットでは元手の20ドルが倍になったり、一方別のホテルでは全く勝てなかったり。結局トータルでは、100ドル程度の負け。悔しい!!!

バリーズ・ラスベガス
(↑じゃらんで使える最大10,000円引きのクーポンはここでゲット!

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


0 件のコメント:

コメントを投稿