スポンサーリンク

上海の真ん中にメルヘンなお城が!モラーヴィラホテルで王侯貴族の気分!

高層ビルが建ち並ぶ上海のど真ん中、静安寺エリアの一角に、周囲の雰囲気とは全く異なる、まるでお伽話に出てくるようなお城が建っています。それが今回ご紹介するモラーヴィラホテルです。

このホテルは、1936年に、貿易で財を成したモラーさんが住居として建てた洋館で、2001年にホテルとしてオープンしました。

ロビーはまるで宮殿のよう

▲早速、エントランスから入ってみましょう。レンガ造りの褐色の色合いと、独特の風格を備えた屋根が、重厚さと威厳を醸し出しています。

▲扉を開け、中に入ってみます。ロビーは吹き抜けになっていて、豪華なシャンデリアがいくつも飾られていました。

▲ロビーの一角には、これまた豪華なソファが。カーテンを閉じれば半プライベートな空間としても利用できます。

▲チェクインを済ませたら、部屋までは階段を使ってみましょう。もちろんエレベーターはありますが、歴史ありげな階段を使ったほうがワクワクしませんか?

客室は豪華でクラシック

▲こちらが今回私が泊まったスタンダードなタイプのお部屋です。ベッドも大きく、快適すぎます。床にはふかふかの絨毯、窓には手の込んだ刺繍の入ったカーテン、ここが上海だとは到底思えません。

▲ベッドの正面には、液晶テレビとライディングデスクがありました。

▲その上には、ウェルカムフルーツとスナック菓子が用意されています。特にフルーツがあるのは嬉しいですね。早速いただきます。

▲もちろんミニバーもありました。ミネラルウォーターやティーバッグ類、さらにはアルコールも備わっています。

朝食もすごい!

▲翌朝、朝食をとりに別棟になっているレストランに降りてみました。ウェイティングルームからしてこんなに豪華!

▲朝食はビュッフェスタイルになっていますが、まずはビュッフェコーナーのインテリアの素晴らしさを堪能しましょう!壁には高価そうな陶器が飾られ、天井からはシャンデリアが吊るされています。こんなに贅を凝らしたレストランは生まれて初めてです。料理は中華からコンチネンタルブレックファーストまでそろっていて、かなり豊富でした。

▲卵料理はシェフが目の前で手際よく調理してくれます。出来立てのオムレツをいただけるのは嬉しいですよね。

▲さて、どこに座ろうかしらん。豪華なボックス席も魅力的ですが、私のような庶民にはちょっと敷居が高いかな……

▲ということで、普通のテーブル席を陣取りました。これでも十分に豪華で贅沢な雰囲気なのですが。

▲朝からガッツリいただきました。雰囲気が良いレストランだけに、私のような大食いは場違いなのかもしれませんが、気にせずおもいっきり食べました。特に小籠包が美味しくて、おかわりを何回もしてしまいました(笑)。

モラーヴィラホテル 1泊15,000円~。
(↑じゃらんで使える最大10,000円引きのクーポンはここでゲット!

【関連記事】
上海のおすすめスポットは?
上海の夜景がすごい!
老西門界隈がディープすぎる!
ノスタルジックな田子坊でお土産を買おう!
中国式庭園の傑作「豫園」
豫園界隈の路地が楽しい!

上海のおすすめホテルは?
デザイナーズホテル「URBNホテル」でオシャレステイ!
安いのにスタイリッシュで快適!「ロテル」

アクセスは?
上海リニアモーターカーがお得?!
茨城空港から上海へは春秋航空で
東京駅から茨城空港へのアクセスバス500円
茨城空港の施設

スポンサーリンク

シェアする

フォローする