スポンサーリンク

まさに光の洪水!エンパイア・ステート・ビル訪問は深夜がオススメ!素晴らしい夜景に息を呑む!

今まで見た夜景の中で最も素晴らしかったのが、エンパイア・ステート・ビルから見下ろすニューヨークの夜景です。まさに、感動するレベルの美しさで、筆舌に尽くしがたいものでした。エンパイア・ステート・ビルは、日中ではなく深夜に訪れたほうが良いというのはやはり真実でした。ざっくりとレビューしてみます。

▲マンハッタンの中心にあります、エンパイア・ステート・ビルディング。 地下鉄の最寄り駅は、34rd Herald Sq Sq Starionになります。訪れたのは深夜11時。ライトアップの色が時間とともに変化し、大変綺麗でした。

▲早速ビルの中に入ってみましょう。真夜中にもかかわらず、エンパイアステートビルを訪れる人はちらほらいますね。やはりエンパイア・ステート・ビルの夜景は人気なんですね。

▲エントランスホールは天井が高く、堂々とした風格のある空間でした。正面には、ビルの先端から世界を照らすエンパイア・ステート・ビルのレリーフが飾られています。

▲まずは、厳重なセキュリティチェックがあります。空港並みに厳しいので、不審な行動を取りませんよう。

▲チケットカウンターで、入場チケットをゲットします。通常ならば大人32ドルなのですが、今回はニューヨークシティ・エクスプローラー・パスを事前に入手していたため、それを使ってストレスフリーに入場することができました。

▲エレベーターを2本乗り継ぐと、86階の展望台にたどり着きます。オープンデッキになっていて、直にニューヨークの素晴らしい夜景を楽しむことができます。

▲写真ではなかなかうまく再現できていませんが、まさに見渡すかぎり一面光の海でした。地平線までこの光の海が続いているのです!息を呑む光景とはこのことですね。

▲例えば、香港の夜景は世界有数だと評されますが、圧倒的にニューヨークの方が迫力があると思います。ニューヨークの夜景は、奥行きがあるんですよね。そのため、見ていて飽きることがありません。ずっと展望台から夜景を眺めていたいと思うほど魅力的で、ついつい長居してしまいました。

【訪問のポイント】
エンパイア・ステート・ビルの展望台は深夜2時まで営業しています。日中よりも夜中のほうが混雑しませんし、素晴らしい夜景を見ることができるので、絶対おすすめです。86階の展望台はオープンデッキであるため、かなりの強風に晒されます。一枚羽織るものを持って行ったほうが良いでしょう。86階の展望台を見学後、エレベーターホールの係員に追加で20ドル(クレジットカードのみ)を支払えば、102階の展望台に昇ることも可能です。