スポンサーリンク

ニューヨークグルメの発信源チェルシーマーケットで巨大ロブスターを食べよう!

ロブスターまるごと一匹ドーン!!!

今回ご紹介するのは、マンハッタンのチェルシーにあるチェルシーマーケットです。このマーケットは、ニューヨークのグルメトレンドの発信地として知られ様々な美味しいものが集まっており、観光客のみならず、地元のニューヨーカーたちで絶えず賑わっています。ニューヨークを訪れたら、必ず立ち寄りたいスポットの一つです。どんなマーケットか、中を覗いてみましょう。

▲チェルシーマーケットは、もともとは巨大な倉庫でした。周辺の再開発に伴い、その巨大な空間を全長200m強もの長さの商店街に作り変えたのがヒットし、今やニューヨークのグルメトレンドの発信源になっています。ここに来れば、まず不味いものには当たらないはず。私が気になったお店を幾つかピックアップしてみます。

▲こちらは、”Buon Italia“(ボーン・イタリア)というイタリア料理のお惣菜のお店です。かなり人気で、絶えることなくお客さんが来ていました。

▲ショーケースには、色鮮やかで美味しそうなお惣菜がたくさん!つい、買食いしたくなってしまいますね!量り売りが基本なので、少量からの購入もできます。また、お店の奥にはイタリア産の食材を扱ったスーパーもありますので、お惣菜に合わせてワインやチーズ、生ハムなどを買い込んで、ホテルでゆっくりと舌鼓をうつのもありです。

▲こちらはスパイスの専門店”Spices and Tease“(スパイシズ・アンド・ティーズ)です。ターメリックやサフランなどの定番のものから、見たこともないようなものまで、ありとあらゆるスパイスがそろっています。お土産に買っていくのもいいでしょうし、見ているだけでもとても楽しいですよ。

▲こちらは”ID POP SHOP“(IDポップショップ)というセレクト雑貨のお店です。期間限定で、チェルシーマーケットに出店しているようでした。

▲オシャレでハイセンスなものがそろっていて、大変な人気でした。このスペースでは、こういった期間限定の出店がその都度行われているようで、ニューヨークの「旬」なものに出会えるかもしれませんね。

▲そしてこちらが、チェルシーマーケットに来たら必ず訪れておきたい超有名店”The Lobster Place“(ザ・ロブスター・プレイス)です。本業は海産物の卸問屋なのですが、小売もしてくれます。店内にイートインスペースもあり、新鮮な魚介類をその場でいただくことができます。

▲ぜひとも食べておきたいのが、このまるまる一匹を茹で上げたロブスターです。巨大なロブスターがまるごとドーンと大皿に載せられて提供されます。茹でたての熱々のロブスターを、溶かしバターにディップして召し上がれ!

今回ご紹介したお店の他にも、気になるお店がまだまだあります。丸一日費やしても飽きないくらい楽しいマーケットですので、ぜひご自身のお気に入りのお店を見つけてみましょう!

Chelsea Market 公式サイト
営業時間: (月~土)7:00-21:00 (日)8:00-20:00
高架式遊歩道「ハイライン」の途中に位置しているので、ハイラインの散策と併せて訪れてみることをおすすめします。