スポンサードリンク

2015年10月7日

香港のヴィクトリア・ピーク、激混みのピークトラムを避けてバスで行く方法

香港観光のマストスポットといえば、香港の街を一望できるヴィクトリア・ピークが大変人気です。底に向かうには、中環(セントラル)から出ているケーブルカー「ピークトラム」を利用するのが一般的ですね。これについては、以前当ブログでもご紹介しました。

しかし、週末ともなるとピークトラム乗り場には長蛇の列ができてご覧の有様。2~3時間待ちなんてざら。うんざりしてしまいますね。

そこで今回は、あまり待たずにヴィクトリア・ピークへ行く方法をご紹介します。ズバリ、バスを利用しちゃうのです!

▼ピークトラム乗り場に長蛇の列ができていたら潔く諦め、坂を下ったところにあるバス停「大会堂(City Hall)」まで歩きましょう。徒歩10分ほどです。このバス停で、緑色の1番のミニバスか、15番のダブルデッカーを待ちましょう。

▼こちらが1番のミニバスです。中環とヴィクトリア・ピークを15分間隔でシャトル運行しています。


▼同じく15番のダブルデッカーバスも中環とヴィクトリア・ピークを結んでいます。料金は大人9.80HKD也。

▼15番のバスはぎゅうぎゅう詰めになることが多いので、今回は1番のミニバスを利用しました。もちろん香港のIC乗車券オクトパスカードでの支払いが可能で、大変便利です。
バスは、ヴィクトリア・ピークに向けて急な坂道をぐんぐん登っていきます。山を登るにつれてセレブな人達の住む豪邸が増え、それらを見ているのも楽しいものです。大会堂停留所からは20~30分ほどでヴィクトリア・ピークに到着します。

ヴィクトリア・ピークへのバスでのアクセスは、ちょっとした裏技として使えます。混雑時はぜひお試しあれ。

スポンサードリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿