スポンサードリンク

2015年10月5日

香港からマカオに高速船で行ってみた!手軽で便利、日帰りでも使える!

香港からマカオまで、高速艇で移動してみました。マカオへは、香港島(上環)、九龍(尖沙咀)、香港国際空港からそれぞれ船が出ていますが、今回は最も便数が多い香港島の上環フェリーターミナルからのものを使いました。1時間ほどでマカオに行けるため大変便利なのですが、快適さはその日の天候次第……

▲まずはチケットを購入します。対面販売のブースがたくさんあるので、「マカオ」と告げれば最も早い便の空席を確保してくれます。また、便を指定して購入することも可能ですし、クレジットカードの利用もOKなので、何かと便利です。マカオ行きのエコノミークラスの平日昼行便の料金は164HKD、週末・祝日の昼行便は177HKD、夜行便(平日・週末・祝日)は200HKDとなっています。

▲自分の便の出発時刻が近づいてきたら、ブリッジを渡って桟橋に移動しましょう。 チケットのチェックを受けた後、出国審査があり、その後の待合室で乗船開始時時刻まで待機します。

▲船への搭乗が始まりました。カウンターでチケットを提示すると、チケットを着ると同時にその場で座席が指定されます。(大量の人を一度にさばくので、座席の希望は聞き入れてもらえるだけの余裕はないと思います。)

▲チケットに、座席番号が書かれたシールが貼られました。

▲こんなイカツイ感じの船に乗り込みます。ガンダムのザ(ry

▲船内1階がエコノミークラス、2階がスーパークラスになっており、かなり広い印象です。2~300名程度を一度に収容するだけのキャパシティはありそうです。

▲まるで飛行機の中にいるかのような作りのシート。

▲エコノミークラスのシートでも、足元のスペースも広めで余裕があります。もちろんシートテーブルも完備しています。

▲シートポケットの中には、エチケット袋に安全のしおり、そしてなんとオリジナル雑誌までありました。本当に飛行機に乗っているかのようですね。

なお、当日は海上が悪天候だったためかなり揺れが酷く、もどしている人が多数いました。エチケット袋は必需品です。

▲出港から1時間程度でようやくマカオのフェリーターミナルに到着しました。お疲れ様でした!下船後入国審査を受ければ、そこはもうギャンブルの街、マカオです!

香港・マカオターボジェット

スポンサードリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿