スポンサードリンク

2015年10月13日

フリーWi-Fiでもう現地SIM購入は必要ない?香港の無料公衆無線LANの使い方

当ブログでは、香港のプリペイドSIMとして「ディスカバー香港ツーリストSIM」をおすすめしてきました。しかし、入手に手こずることもあるので、今回の香港滞在中は現地のSIMを購入せずに公衆無線LANだけで過ごしてみようと試みました。

公衆無線LANオンリーだとWiFiスポットが限られているので、難儀することも有るだろうと覚悟していたのですが、いたるところにWiFiスポットが設置されていたため、意外にもさほど不自由することなく過ごせました。こうなると、あえて現地SIMを購入する必要もないのかなぁと思えてきます。

そこで今回は、香港でもっとも使いやすいと思われるCSLのフリーWi-Fiの使い方を解説します。うまく活用すれば、ネットに簡単にアクセスできるので、是非試してみてください。
▼まずは、公衆無線LAN"CSL"に接続し(パスワード等は不要)、スマートフォンのブラウザを開きましょう。CSLのホットスポットに接続できれば、以下の様な画面が出てきますので、右上の"English"をタップして英語表記にしてみます。

▼"Exclusive offer for visitors to Hong Kong(香港旅行者専用サービス)"をタップしましょう。

▼すると、その下にバナーが表示されますので、さらに"Free Wi-Fi access for visitors in HK"をタップします。

▼すると、フリーWi-Fiの利用方法が二つ説明されているページに遷移します。一つ目が、専用のアプリをダウンロードする方法です。アップルストア、またはグーグルプレイからダウンロードできます。また、アンドロイドではAPKファイルからのインストールもできるようになっていました。ただ、余計なアプリを入れたくないので今回はこの方法はスルーしました。

▼もう一つが、アクティベーションコードを入手し、それを使ってログインする方法です。設定が楽そうなので、今回はこれを使ってみました。手順としては【通信業者をCSLに設定し、*165#にダイヤル】→【アクティベーションコードがSMSで送られてくる】→【アクティベーションコードを入力しWi-Fi利用開始】という3つの段階を踏みますが、とても簡単でした。

【通信業者をCSLに設定し、*165#にダイヤル】
▼一旦ブラウザを離れ、スマートフォンの設定画面から国際ローミングの通信事業者をCSLに設定します。通信事業者の選択画面へは、私のアンドロイド機(Xperia)の場合、「設定」→「その他の設定」→「モバイルネットワーク」→「通信事業者」とタップしていけばたどり着けます。
CSLを選択したら、電話アプリを起動し「*165#」とダイヤルしましょう。自動対応ですので、オペレーターと話すといったことはありません。

▼【アクティベーションコードがSMSで送られてくる】
「*165#」とダイヤルすると、すぐにSMSが送られてきます。そこには10桁のアクティベーションコード(7日間有効)が記載されていますので、メモするなり、覚えるなりしてくだい。

▼【アクティベーションコードを入力しWi-Fi利用開始】
先程のブラウザ画面に戻り、今届いたアクティベーションコードを入力し、"Login"をタップしましょう。

▼Wi-Fiが無事繋がると、下のような画面が現れます。"Start browsing"をタップすれば、あとはインターネットにアクセスし放題になります。

▼CSLのフリーWi-Fiはいたるところに設けられているので頼りになります。例えば、下図は香港駅(中環)周辺のホットスポットを示していますが、これだけホットスポットが設けられていれば、ちょっと歩けばホットスポットに当たるという状態なので、不自由することはないと思います。
ただ、時折接続が不安定になることもあるので、より確かなインターネット通信を望む方は、やはり「ディスカバー香港ツーリストSIM」などを素直に購入したほうが賢明ではあります。

csl.wi-fi ホットスポット検索

スポンサードリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿